2011年11月14日 古紙ジャーナル記事 959号

【輸出価格】国慶節明けの1ヵ月でOCCは50ドル急落
下げ基調止まらず、冬場の需給動向が焦点に

国慶節明けの輸出価格の急落が止まらず、とりわけ下げのきつい段ボール古紙(OCC)は一ヵ月で約五〇ドル下がり、二一五ドル前後となった。目下、この下げが短期的に収束し、再び回復に向かうのか、どのあたりの価格帯で底打つかが最大の関心事となっている。〇八年のリーマンショック後の暴落時とは様相が異なるが、年末の在庫調整に向けて危機感も募ってくる。〇八年の価格変動や在庫推移などと比較しながら、今後の展開を考え...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top