【宮崎】
設立50周年に向け、扱い量150万㌧へ
茨城に初のヤード、日立RCを4月に開設

左側部分を増築した本社ビル

 古紙価格の高騰を背景に、㈱宮崎(本社:愛知県清須市)が業績を伸ばしている。今年5月期決算での売上は275億円と過去最高を更新。また古紙扱い量も133万トンに上り、全国で最大規模となった。市場は縮小傾向にあるものの、積極的な拡大策によって、設立50周年を迎える2019年までに150万トンの扱い量を目指す。自社ヤードやM&Aで拠点拡大を図りつつ、同社の最大の武器である自社回収の比率も高める。今後の宮...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top