2014年5月12日 古紙ジャーナル記事 1081号

【小矢澤商店】
株式譲渡によるM&AでJP資源傘下に
自社回収増やし企業価値を高めて売却へ

これまで古紙問屋の吸収合併(以下M&A)というと、債務超過や経営状態の悪化による救済的な意味でのM&Aが多かった。小矢澤商店(本社・長野市)は、企業価値を最大化した上で、事業を他社に委ねた積極的なM&Aを選択したケースだ。3月末に日本紙パルプ商事(JP)のグループ会社であるJP資源の傘下となった。こうしたM&Aは、①資産超過で経営状態が良好なこと、②株主・組織体制の移行がスムーズにできること、③自...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top