2019年1月21日 関連業界 » 1312号

【タカプラリサイクル】
プラスチック原料樹脂の物性向上にノウハウ
再生プラ原料の国内リサイクルでも競争力に

タカプラリサイクルの工場外観

 中国の環境規制の強化によって世界中の廃プラが行き場を失った。日本からも毎年、中国向けに130万トンの輸出量があったため、東南アジアなどに代替地を求めたものの、多くが国内に還流しており、いかに国内リサイクルを進めるかが重要となっている。ただし、中国など海外メーカーと違って、国内のプラ成形メーカーは品質要求が高く、また廃プラの効率的な回収ルートの構築といった課題もある。高六商事(本社:東京都荒川区)...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top