トップページ >

2018年05月の記事一覧

コラム【虎視】1279号

コラム「虎視」

2018年5月21日 1279号


▼昨夏、アマゾンが書籍の流通革命を行うという報道が出た。つまり流通を通さず、出版社との直接取引に乗り出す。ついにアンタッチャブルな分野にも進出してきた、というのが率直な感想だ。日本では再販制度があり変化をもたらせなかった […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

日本品OCCが初のシップバック処分
市況の回復期待にくすぶる品質リスク
【中国の禁忌品0.5%ルール施行後】

2018年5月21日 1279号


 日本から出荷したOCCが4月下旬、中国青島港でシップバック処分を受け、波紋が広がっている。中国で3月から禁忌品0.5%の新ルールが施行されて以来初めてのケースだ。前号4面で取り上げたとおり、中国政府が5月4日より1カ月 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル 最新号

コラム【虎視】1278号

コラム「虎視」

2018年5月14日 1278号


▼1970年代は、新聞古紙は主に板紙向けに使用されており、7割以上を占めていた。それがDIP(脱墨パルプ)設備の普及によって紙向け利用が増加。2000年には紙向けと板紙向けの比率は逆転し、紙向けが7割、板紙向けが3割とな […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【永野商店】
今年3月に北部工業団地事業所を開設
非鉄事業を開始、総合リサイクル企業へ

2018年5月14日 1278号


 株式会社永野商店(本社・熊本市北区室園町10―22、永野順也代表取締役社長)は今年3月、北部工業団地事業所を開設した。本社ヤード、北部事業所に次ぐ3番目の事業所となるが、ここでは古紙の扱いはない。北部工業団地事業所は3 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top