トップページ >

2011年03月の記事一覧

コラム「虎視」 928号

コラム「虎視」

2011年3月28日 928号


▼関東地区の輸出用古紙からJCIC(日中商品検査)の基準を超える放射線が検出され、関東地区からの中国向け輸出は全面ストップしている。これを受け、関東商組の4月積み輸出は中止になる見通し。JCICが定める基準値は0.3マイ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【関東地区】中国向け輸出16万トン(昨年の月間実績)がストップ
放射能汚染問題、輸出古紙にも飛び火

2011年3月28日 928号


東日本巨大地震は東北エリアの製紙工場、古紙ヤード(回収基地)へ深刻な被害をもたらしただけでなく、東電・福島第一原発の事故で放射能による古紙の汚染問題にまで発展してきた。巨大地震の被害から免れた関東エリアだったが、同エリア […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 927号

コラム「虎視」

2011年3月21日 927号


▼福島原発の危険な状況が連日のように報道されている。東日本巨大地震に追い打ちをかけるような深刻な事態だ。足元をみると、首都圏の鉄道が停電でズタズタ。日本は国鉄(現在はJR)、私鉄、地下鉄といった鉄道網の発達で、車の混雑が […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【東日本巨大地震】宮城県下の古紙ヤード(回収基地)の被害が甚大
日本製紙、生産の3割占める4工場停止

2011年3月21日 927号


国内で発生した地震としては最大規模といわれる、東日本巨大地震による地震と津波が起こったのは3月11日午後。16日時点でまだ電話連絡が取れない古紙問屋も少なくないが、以下のように東北地区に古紙ヤード(ベーラーなど設置した回 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 926号

コラム「虎視」

2011年3月14日 926号


▼日本はマンガ大国。これだけ頻繁にマンガ雑誌が読まれている国は他にない。マンガ雑誌の代表格と言えるのが、集英社が発行する週刊少年ジャンプ。全盛期だった1993~94年には、発行部数が前人未到の650万部にまで達した。国民 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【川崎市】全市域で雑がみ類(ミックスペーパー)収集を開始
資源化施設も稼動し年間2万2千トン見込む

2011年3月14日 926号


川崎市がモデル実施していた雑がみ類(ミックスペーパー)収集が、3月1日より全市域で始まった。同時に選別・圧縮を行う市の資源化施設も稼動させ、処理工程を経たミックスペーパーは市内の三栄レギュレーター東京工場でトイレットペー […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 925号

コラム「虎視」

2011年3月7日 925号


▼米国の昨年の紙・板紙生産量は前年比5.3%増の8,247万トン(ショートトン)、古紙消費量は6.8%増の3,126万トン(同)となった。日本は前者が4.2%、後者が3%の各増だったので、いずれも米国が日本を上回った。日 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【ナインドラゴン】新拠点やM&Aで中国全土の8工場へ
今年中に1,000万トンの生産能力を達成

2011年3月7日 925号


世界一の紙・板紙生産国となった中国のトップメーカーであるナインドラゴン(玖龍紙業)が、次々と新たな生産拠点を発表した。日欧米のトップメーカーの生産が伸び悩む中で中国製紙メーカーの勢いは止まらない。ナインドラゴンは現在の4 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top