トップページ >

2009年05月の記事一覧

コラム「虎視」 837号

コラム「虎視」

2009年5月25日 837号


▼前号の4面で昨年の模造・色上の洋紙消費内訳を円グラフで表現し、チラシ50万トン、一品色上22万トン、残本など10万トンと表示したところ、印刷ミスで残本など10万トンが消えていました。お詫びして訂正します。古紙再生促進セ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【中国の紙・板紙生産量】
成長ペース鈍化するも世界一の生産国へ
古紙消費は二桁の伸び、3月輸入が過去最多

中国の紙・板紙生産量

2009年5月25日 837号


日本紙類輸出入組合によると、昨年の中国の紙・板紙生産量は7,980万トンに上り、世界一の生産国となった。沿岸部地域や生産量上位30社における生産量の推移は増加傾向が続くものの、大手板紙メーカーの設備稼働率は7~8割ほどに […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 836号

コラム「虎視」

2009年5月18日 836号


▼本紙の推計によると、洋紙が使用する模造・色上、中身は一品色上やチラシなどが中心だが、昨12月から今2月の3ヵ月で約9万トン、減少していた。月平均3万トンもの消費減である。この状況は3月以降も続いており、昨年の月間平均消 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【丸清】古紙から鉄、廃プラへと展開し3拠点を運営
アジア各地に販売網を確立、商社機能が強みに
廃プラの中国向け輸出は回復基調

遠賀事業所(本社工場)。古紙だけでなく様々な資源物を扱う。

2009年5月18日 836号


丸清株式会社(本社・福岡県北九州市)を訪問、多田野竹幸代表取締役に3工場を案内してもらった。創業から30周年を迎え、古紙から総合リサイクルへと展開してきた丸清は、鉄・非鉄と廃プラスチックの専用ヤードを開設。 様々な廃棄物 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 835号

コラム「虎視」

2009年5月11日 835号


▼古紙輸出量は2ヵ月連続で記録ラッシュ。2月に初めて40万トン台に乗せたばかりか、3月は50万トンを軽く突破。遠い将来と思っていた年間輸出量500万トン時代が身近になってきた。要因は回収増による需給ギャップの拡大でなく、 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【ナインドラゴン】
天津工場が今秋稼動、3年間で240万トン増
将来的には400万トンの能力増で年産1,000万トンに

ナインドラゴンの生産設備の推移

2009年5月11日 835号


ICCA・WCO(世界段ボール・段ボール原紙機構)による第2回国際サミットが4月下旬、東京で開催された。世界各国から板紙メーカーが集い、業界を取り巻く環境や今後の動向を討議した。全体会議では、中国最大の板紙メーカー・ナイ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top