トップページ >

2017年08月の記事一覧

コラム【虎視】1243号

コラム「虎視」

2017年8月28日 1243号


▼中国に「上有政策、下有対策」ということわざがある。国の政策があれば、民衆が巧みに対策を打つという意で、転じて「抜け道を考え出す」との意味が今では一般的となった。今回の再生資源の輸入規制も、果たして抜け道があるのか。すで […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【高良 山形営業所】
2015年から小型家電リサイクル専用工場を開設
小型家電は不認可業者の再資源化が53%を占める

2017年8月28日 1243号


 今年4月に環境省等が中心となり、東京五輪で使用するメダルを、回収された使用済み小型家電から抽出した金属で作るというプロジェクトが開始された。このプロジェクトの開始以来、小型家電リサイクルに注目が集まっている。またこれま […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【山傳商店】
4月に仙台港リサイクルセンターを開設
工場・事務所の一部を大中物産に貸与

2017年8月21日 1242号


 古紙輸出価格が高止まりする中、全国的に新ヤードの開設が増加傾向にある。仙台の老舗問屋である㈱山傳商店(本社・宮城県仙台市若林区南材木町59、山田和広代表取締役社長)の新ヤードを見学させてもらった。仙台港に隣接する大型ヤ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【中国の環境規制】
2019年末までに資源ごみを全面輸入禁止?!
詳細未定も世界の再生資源市場に激震

2017年8月7日 1241号


 中国向けの再生資源市場が、急展開を迎えている。7月中旬に環境負荷の大きい資源ごみの輸入禁止措置をWTOに通達した後、27日には国務省が輸入禁止に向けたアクションプランを正式承認した。中国の製紙メーカーの思惑ではなく、政 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top