トップページ >

2016年03月の記事一覧

コラム【虎視】1174号

コラム「虎視」

2016年3月28日 1174号


▼スポーツ界の監督業というのは、全てにおいてのプロデュース能力が求められる。監督に求められる能力は多種多様で、人格、指導方法、ビジョンと方向性、選手を見極める能力、気遣い、規律、カリスマ性等、様々である。 ▼この求められ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【2050年 予測】
人口は一億人を割り九千七百万人に減少
製紙・古紙業界ともに四割強シュリンク

2016年3月28日 1174号


今から三十五年前、読者の方々は何をしていましたか?現在四十代~五十代の方は学生時代を過ごしていただろうし、六十代以上の方は、この世界に入っていたという方も多いだろう。二十代~三十代の方はまだ生まれていなかった。三十五年前 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1173号

コラム「虎視」

2016年3月21日 1173号


▼一九七九年に発売された「Video Killed The Radio Star」は、イギリスのニューウェイブの先端と言われたバグルスによって作られ、世界的な大ヒットとなった。日本では「ラジオスターの悲劇」として発売され […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【事業系紙ごみ】
十市で搬入規制、大阪市は五万㌧超資源化
六割占める中小事業所で掘り起こしの余地

2016年3月21日 1173号


全国二十一大都市(政令指定都市と東京二十三区)の事業系ごみの清掃工場への搬入量と、資源化の取り組みを調べてみた。分別収集が浸透した家庭系に比べて、事業系ごみの中に資源化できる古紙はまだまだ含まれており、掘り起しの余地が残 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1172号

コラム「虎視」

2016年3月14日 1172号


▼スウェーデンに本社があるオーワックのトーマス会長が来日したので、いろいろなお話を伺った。 ▼オーワックは一九七一年に創業した梱包機メーカーで、世界四十カ国に輸出販売している。古紙問屋に馴染みの深い大型ベーラーとは違い、 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【廃棄物の管理会社】
排出元の一元管理を担う管理会社が乱立
古紙回収委託も経由、コスト競争激しく

2016年3月14日 1172号


廃棄物の一元管理を手掛ける管理会社が乱立している。古紙問屋には、こうした管理会社を通じて、排出元の収集依頼が来ることも増えてきた。管理会社は収集運搬や処理の許認可を保有せず、基本的には廃棄物の処理に絡む事務代行との位置付 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

虎視1171号

コラム「虎視」

2016年3月7日 1171号


▼弊社のある奈良には「シャープ前」行きバスが走るほど馴染み深い。奈良工場では約二千名が働き、複合コピー機などを製造しているそうだ。英サッカーチームのマンチェスターUの胸スポンサーとして黄金期を支えたこともある。そんな日本 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【シュレッド古紙】
マイナンバー対応でシュレッド微細化
掘り起し好機も、リサイクル適性に影響

2016年3月7日 1171号


シュレッド古紙は、主に家庭紙向け原料として掘り起しが進む一方で、より小さな規格のものが増えつつある。マイナンバー制度の実施に伴い、十二桁の数字を読み取れないシュレッダ機のニーズが高まっているからだ。中には細断サイズが一ミ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top