トップページ >

2014年01月の記事一覧

【GSペーパー&パッケージング】
東南アジア地域の王子グループの基幹工場
段原紙(年産30万t)から加工まで一貫生産を行う

2014年1月27日 1067号


王子ホールディングス(本社・東京都中央区、進藤清貴代表取締役社長)の東南アジア・インド地域における投資が加速している。2010年に王子ペーパーアジアを設立し、現在はパッケージング事業19拠点、資源ビジネス(植林・木材加工 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙ジャーナル海外ニュース

コラム【虎視】1067号

コラム「虎視」

2014年1月27日 1067号


▼日本製紙連合会によると、昨年の紙・板紙の内需実績は0.3%減だった。その内訳をみれば、紙は2.7%減で衛生用紙を除けば全品種で前年対比マイナスだったのに対し、板紙は1.1%増で全品種でプラスだった。景気が回復する局面に […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1066号

コラム「虎視」

2014年1月20日 1066号


▼2012年の世界の古紙回収量、消費量、輸入量、輸出量はいずれも過去最高となっているが、伸び率はいずれも鈍化している。それは先進国、特に北米と大洋州において古紙回収量が減少に転じていることが大きな要因となっている。 ▼北 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【世界の古紙需給】古紙回収量0.8%増、消費量1.6%増
アジア・南米・アフリカの新興国が牽引

2014年1月20日 1066号


 RISIの調べによる2012年の世界の古紙需給データが発表された。古紙回収量及び消費量は微増だが、地域によって増減が分かれる形となった。今や世界の古紙需給の中心となったアジアが増加を牽引する形で、新興国が多い中南米とア […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【新ヤード】関東地区で6か所のヤードが開設ラッシュ
段原紙マシン稼働の布石、群雄割拠に拍車

2014年1月13日 1065号


2000年代に入り、全国各地で古紙ヤードが競うように開設されたが、昨年、一昨年は新ヤードの開設が激減した。増え続けるヤード数に対して古紙回収量は頭打ち状態にある。これからは新ヤードを開設する時代から、M&Aやグループ化な […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【興南野球部監督 我喜屋優氏インタビュー】
人間教育の徹底で春夏連覇を成し遂げる
逆境を友に常識を破り、企業経験活かす

2014年1月6日 1064号


大昭和製紙北海道の社会人野球チームで活躍し、都市対抗野球で全国優勝にも貢献した我喜屋優氏。監督としても5度の地区代表として出場を果たす。一躍、有名になったのは、母校である沖縄の興南高校の監督に就き、2010年に甲子園春夏 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top