トップページ >

2011年08月の記事一覧

コラム「虎視」 948号

コラム「虎視」

2011年8月29日 948号


▼協同回収と小型家電リサイクルの記事を書いている時に、ちょうど政府の発表があった。小型家電の97品目を定義し、うち45品目の回収を制度化するというもの。この45品目の小型家電には、携帯電話、デジタルカメラ、家庭用ゲーム機 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【協同回収】リサイクルのコンビニ(リサイクルショップと資源回収の複合店舗)を全国展開へ
法整備が進む小型家電リサイクルの処理体制完備

2011年8月29日 948号


都市鉱山とは、都市でごみとして大量に廃棄される家電製品に存在する有用な資源(レアメタル等)を鉱山に見立てたもの。その資源を再生することで、ごみ量の軽減と資源の有効活用に繋がる。近年のレアメタル価格の暴騰により、廃棄された […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【製紙メーカー】洋紙設備の停止ラッシュ、大手2社で11機
静岡地区のDIP設備は日産940トン減

2011年8月22日 947号


リーマン・ショックと東日本大震災の打撃を受け、洋紙設備の停止ラッシュが加速している。日本製紙グループは、洋紙事業の復興計画の中で大幅な洋紙マシンの稼動停止を明らかにした。洋紙生産能力の15%にあたる年産80万トンの削減で […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【足立区】「資源ごみ買取市」を区内6ヵ所で開催
ドアプライスを提示し、現金で買取り

2011年8月8日 946号


東京都足立区で実施する「資源ごみ買取市」が盛況を博している。ロスのリサイクルセンターを模したこの取り組みは、ドアプライス(買取り価格)を掲げ、区民が持ち込んだ資源物をその場で買い取っている。ポイントシステムやドライブスル […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【丸三製紙 野﨑社長インタビュー】原発危機で3ヵ月半の停止後、放射線量は低減
従業員・構内・製品の安全性を確保し生産を再開

2011年8月1日 945号


深刻な事故を起こし、収束作業が長引く福島第一原発。そこから約25キロという製紙工場としては最も近い場所にあるのが丸三製紙㈱(福島県南相馬市原町区青葉町1-12-1)だ。約3ヵ月半の操業停止後、工場内や従業員、製品の安全性 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top