トップページ >

2010年06月の記事一覧

コラム「虎視」 891号

コラム「虎視」

2010年6月28日 891号


▼環境省の調査によると08年の分別収集(行政回収とも呼ばれ、拠点回収を含む)と集団回収で集められた、家庭系の紙類の回収量は478万トン(なお布類は18万トン)。内訳は前者が207万トン、後者が271万トン。比率は43:5 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【北摂リサイクルセンター】大本紙料と共栄紙業の合弁ヤード
川西市の分別収集、抜き取りが増加

北摂リサイクルセンターに川西市の分別収集品が専用車両で持ち込まれる

2010年6月28日 891号


大本紙料(本社・兵庫県神戸市)と共栄紙業(兵庫県尼崎市)の合弁ヤードである北摂リサイクルセンターの2ヵ所のヤードを見学した。北摂リサイクルセンターの本社工場は平成17年にオープンし、翌18年から始まった川西市の分別収集品 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 890号

コラム「虎視」

2010年6月21日 890号


▼日本や米国の紙・板紙生産量は昨年、大きく後退したが、中国は660万トン増の8,640万トンに達した。1億トンが視野に入り、独り勝ちの様相を呈している。生産の内訳は紙と板紙がほぼ半々だが、品種別にみて日本の生産量と大差が […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【中国の紙・板紙生産量】紙・板紙生産8.3%増、古紙消費は11.3%増
経済危機から脱出、2011年に生産量1億トンが視野に

中国の紙・板紙生産量

2010年6月21日 890号


中国造紙協会が公表した「中国造紙工業2009年度報告」によると、昨年の中国の紙・板紙生産量は8,640万トンで、前年より8.3%増となった。一方、古紙消費量は生産量の伸び率を上回る11.3%増の6,174万トンとなった。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 889号

コラム「虎視」

2010年6月14日 889号


▼国別にみた新聞発行部数のトップは中国で1億750万部(2007年)だが、近年中国に猛追しているのがインドで1億700万部(2008年)。中国が毎年2~5%の伸びに対してインドは8~13%の伸びを見せており、数年後にはイ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【ビナクラフト・古紙ヤード】昨年開設した3拠点で月間約4,000トンを集める
段ボールの仕入れ価格はキロ19円前後と効果

ビナクラフトの直営ヤードであるディアンベーリングシステムの外観

2010年6月14日 889号


ビナクラフト社の直営ヤードを1ヵ所見学しただけのため、ベトナムの古紙回収業の全体像は想像するしかない(これまでの現地レポートも参考になった)。ただいえることは古紙ヤードに大型ベーラーが相次いで設置され、ベール品が急速に普 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 888号

コラム「虎視」

2010年6月7日 888号


▼マジェスティックホテルの六階屋上からサイゴン川を眺めていると、フェリーが渡し船のように次々と到着する。そして下船してくるのは車でなくバイクの行列。それほど大河でもないサイゴン川に橋を作らず、フェリーで行き来しているのが […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【ビナクラフト】ベトナム最大の年産22万トンの段原紙工場
38万平方メートルの工場敷地には設備拡大の余地も

ビナクラフトペーパーの工場入口

2010年6月7日 888号


新興国として経済成長が期待されるベトナムを訪れ、本格稼働を始めたばかりのビナクラフトペーパーを見学した。ビナクラフトペーパーはレンゴーが30%を出資する合弁企業で、南部のホーチミン市近郊に工場を建設し、年産22万トンの設 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top