トップページ >

2009年08月の記事一覧

コラム「虎視」 850号

コラム「虎視」

2009年8月31日 850号


▼前号で札幌市が7月から雑がみの分別収集を始めたことを報道したが、7月の回収量は1,891トンだった。年間では2万トン以上集まるか。古紙再生センターのアンケート調査(全国の1,300市区町村から)によると、雑がみの取り扱 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【丸富製紙】専用ボイラーを設置して牛乳パック利用を促進
紙パックの回収率は41.1%で初の40%超え

2009年8月31日 850号


7月下旬、全国牛乳容器環境協議会の主催で、2009年度牛乳パックリサイクル促進意見交換会が行われた。午後からの意見交換会に先立ち、当初から牛乳パックの回収運動に賛同して受け皿となってきた丸富製紙株式会社(静岡県富士市比奈 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 849号

コラム「虎視」

2009年8月24日 849号


▼札幌市が今7月から家庭ごみの有料化とセットで、資源ごみの分別収集を開始した。資源ごみのひとつに雑がみが対象になっており、これで18大都市のうち古紙の分別収集を実施している大都市は11都市に拡がった。残る7都市は浜松市を […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【札幌市・雑がみ回収】
家庭ごみ有料化と共に雑がみ回収が始まる
市(中沼雑がみ選別センター)と民間(札幌市製紙原料事業協同組合)で雑がみを選別

2009年8月24日 849号


今7月から家庭ごみの有料化と共に雑がみの分別収集を始めた札幌市。去る7月下旬に雑がみ回収が始まったばかりの札幌市を訪れた。上図のように多様な古紙回収が共存する札幌市だが、家庭ごみ有料化と共に始まった雑がみ回収は、ごみ減量 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【機密書類】年間60万トンほどが再生利用に回る
処理委託が一巡、小口等で回収余地も

2009年8月10日 848号


企業等から発生する機密書類。一般のオフィス古紙と違って、情報漏えいを防ぎながら再生利用するため、処理費を徴収できる付加価値の高い原料となっている。機密書類の消費量は年間60万トンほどとみられ、機密処理サービスも多様化、充 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【紙・板紙生産量】
日米、昨年11月から2桁の減少率続く
いち早くプラス成長に転じた中国が独走

2009年8月3日 847号


日本、米国、中国の昨年来の月別の紙・板紙生産動向を調べてみた。日本と米国は昨11月以来、2桁のマイナス成長に転落。過去最大の減少率が続いているのに対し、中国は今2月にプラス成長に転じたばかりか、6月の生産は2桁成長になり […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top