トップページ >

2008年05月の記事一覧

コラム「虎視」 788号

コラム「虎視」

2008年5月26日 788号


▼ニュージーランドの南島をレンタカーで走り、途中で ガソリンを満タンにすると50リットル強で100ドル(1ニュージランドドルはおよそ80円、この20年間は90円と80円の間をいったりきたり)だった。日本円にして8,000 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【紙製容器】
再商品化事業者へ委託、0円入札が過半数に
2万トン台から伸びず、回収自治体数も減少

2008年5月26日 788号


容器包装リサイクル協会が紙製容器包装を再商品化業者に委託する入札で、0円での落札が指定保管施設108ヵ所のうち60ヵ所の過半数を超えた。市況回復を背景に紙製容器の価格も上昇しており、容リ協会が再商品化業者に委託料を支払わ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 787号

コラム「虎視」

2008年5月19日 787号


▼連休を利用してニュージーランドに出かけた。南島をレンタカーで走る。クイーンズタウンを始点に、マウントクックを経てクライストチャーチに。一歩、街をでたら、ブドウ畑と赤茶けた山肌と湖と牧場(羊、馬、牛を放牧)以外になにもな […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【新潟県の古紙回収】
分別収集と家庭ごみ有料化のセット導入拡がる
【富山県の古紙回収】
集団回収で7割、紙製容器の資源化も全市で

2008年5月19日 787号


全国の都市部を対象にした集団回収と分別収集の調査で、今回から中部地方を取り上げる(東京都と関東地方の特集は後日掲載)。まずは新潟県と富山県のデータがまとまった。新潟県20市の人口230万人から9万8,000トンを集めるの […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 786号

コラム「虎視」

2008年5月12日 786号


▼段ボール19円19銭、新聞20円13銭、雑誌18円12銭。これは昨年度(昨4月~今3月)の関東商組の年間平均輸出価格(問屋手取りベース、キロ当たり)である。段ボールを例にとると、前年度の平均輸出価格が12円72銭だった […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【韓国最大の古紙問屋・TAESEO RECYCLING】
8,700坪の敷地で古紙だけを月間1万5,000トン扱う
4台のベーラーのうち1台はプラ紐のベーラー

2008年5月12日 786号


韓国の最大の古紙問屋であるテソリサイクリングの本社工場を見学させてもらった。8,700坪の広大な敷地で月間1万5,000トンの古紙を扱う大型ヤードで、3工場の合計で月間3万トンの古紙を扱っている。日本では、古紙だけを扱っ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top