2017年7月10日 古紙問屋 » 1237号

【古紙問屋 売上・利益】
古紙問屋の平均売上は3.4億円で一割減
15年期は古紙専業は売上増、兼業は減少

売上10億円以上の古紙問屋の利益と利益率推移

 2016年の古紙問屋1社当りの平均売上は3億3617万円で、前年より10%減少した。上半期に円高等の影響で輸出価格が低迷したことが、売上減少の要因となった。また今年もJETROのデータベースで、売上10億円以上の古紙問屋をピックアップ。各問屋の売上・利益・利益率の経年変化を検証する。16年期の決算収支はまだ半分ほどしか出揃っていないが、15年期の収支は、古紙専業問屋と鉄スクラップの兼業問屋で明暗...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top