【台風・地震被害】
自家発電備える製紙工場も稼働停止
大本紙料の本社ヤードは高潮で浸水

古紙消費・販売内訳

  関西地方を通過した大型台風21号と北海道東部を襲った地震の影響で、製紙・古紙業界の生産設備や流通体制にも爪痕を残した。製紙工場の生産が一時停止し、古紙の回収・出荷も停滞するなど、需給のバランスが崩れている。関西は古紙の消費地であり供給地、一方の北海道は消費地である。輸出の停滞によって、海外からの需要が関東エリアに集中すれば、さらにひっ迫感が強まるとみられる。古紙市況が高値基調で推移する中で、古...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年12月10日 古紙問屋 » 1307号
2018年12月10日 古紙需給 » 1307号
2018年12月10日 古紙価格 »  1307号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top