【PETボトルリサイクル】
回収量・回収率ともに依然増加傾向が続く
落札単価は二五円(上期)から三八円(下期)に上昇

2016年1月18日 1164号


 一昨年から原油価格が下落したことにより、廃プラスチックの市場価格も軟調に推移している。PETボトルは、一九九七年から容器包装リサイクルの指定品目に加わったが、当初の回収率は九・七%。二〇〇〇年前後から各自治体が行政回収 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【石川ミリオンスターズ・端保社長インタビュー】
古紙問屋と球団社長の二足のわらじを履く
プロとアマの懸け橋となり、地域を活性化

2016年1月11日 1163号


 北陸・信越地方を中心に野球の独立リーグを構成するBCリーグ。そのBCリーグに所属する石川ミリオンスターズの代表取締役・端保聡氏にインタビューを行った。端保氏は金沢紙業の専務取締役でもあり、古紙問屋と球団社長の二足のわら […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【スマーフィット・ カッパ】
欧州市場で最大手の段原紙メーカー
自社の古紙部門で年六百六十万㌧扱う

2016年1月4日 1162号


 昨年十月末、欧州最大手の段原紙メーカーであるスマーフィット・カッパ・グループを訪問した。同社は年間七百万トンの生産量を誇り、自社のリサイクル部門では年間六百六十万トンの古紙を扱う。同社のオランダのルールモント工場(一~ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1161号

コラム「虎視」

2015年12月21日 1161号


▼以前このコラムで書いたが、中国山東省に龍福社という廃ペットボトル再生工場がある。十二月中旬にその龍福社を訪問してきた。 ▼立地的にはかなり不便な場所にある。昼に北京空港に降りてから、電車と新幹線を乗り継ぎ、徳州市駅に降 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【荒川】
今年十月、荒川商店から荒川に社名変更
バースを持ち総合リサイクルを手掛ける

2015年12月21日 1161号


 ㈱荒川(本社・鹿児島市新栄町四番八号、荒川直文代表取締役社長)を見学した。前社名の荒川商店から今年十月に株式会社荒川に社名を変更した。同社は最初はビン商(古ビンの回収、新ビンの販売等)から身を興し、その後は鉄スクラップ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1160号

コラム「虎視」

2015年12月14日 1160号


▼機密抹消国際セミナーのために来日した二人の祖国の米国とフランスで、前後するようにテロの惨劇が起こった。日本では何事もなかったかのように、平穏な日常が続いている。ジャン・ルック氏が「安全に地下鉄に乗れる、日本のセキュリテ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【米国】機密市場の七五%占めるNAID認証
【欧州】DIN規定で裁断サイズを細かく設定

2015年12月14日 1160号


 昨年七月に日本で初めて機密古紙市場を巡る横断的な組織として、一般社団法人機密情報抹消事業協議会(大久保薫理事長、以下KJMJK)が立ち上がった。適切な機密文書処理のあり方を示したガイドラインも同時に策定し、抹消事業者の […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1159号

コラム「虎視」

2015年12月7日 1159号


▼古紙業界に新しく入った人のために、業界事情をまとめた入門書のような冊子が欲しいと言われた。そういえば、意外と古紙に関する冊子・書籍は少ない。 ▼自分がどう勉強したか思い起こしてみる。私が入社したのは二〇〇二年四月。最初 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top