トップページ > 最新ニュース >

最新ニュース

中国政府が8回目のライセンス認可を公表

2018年3月19日

 中国環境保護部は3月16日、第8回目の中国の古紙輸入ライセンスを発行した。発行したライセンス量は約131万6千トンで、うち約128万5千トンを玖龍紙業(ナインドラゴン)が占めた。

 今回のライセンスの内訳は、玖龍紙業・東莞工場=約100万6千トン、同天津工場=約20万8千トン、同河北工場=約7万1千トン。他には理文造紙(リー&マン)・重慶工場=約3万トン、徳彦紙業=約1,200トン。理文造紙の江蘇工場に約12万6千トンの古紙輸入ライセンスが発行されたが、これは1月22日に発表された第4回分の輸入港変更によるもの。第4回時は張家港と常熟港だったが、今回は南京港に変更された。

公表日 数量(トン) 対象
第1回 2017/12/25 2,265,673 10社15工場
第2回 2017/12/29 344,291 3社3工場
第3回 2018/1/12 466,301 4社7工場
第4回 2018/1/22 1,114,626 18社19工場
第5回 2018/1/31 407,945 3社3工場
第6回 2018/2/9 182,925 12社12工場
第7回 2018/2/23 636,730 1社1工場
第8回 2018/3/16 1,315,676 3社5工場
6,734,167

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top