トップページ > 古紙輸出価格

古紙輸出価格の記事一覧

2 / 3123

【今年の古紙市況の行方を考える】
関東商組の段ボール輸出手取りが最高値更新
原料コスト上昇で、建値改定や再編の可能性は?!

2017年1月23日 1214号


 今年は段ボール古紙の輸出価格が三十円に達する?!二〇一七年のトンデモ予測の一つとして挙げてみたい。昨年末より中国の調達価格が急騰しており、今年一月の日本からの段ボール輸出手取り価格は過去最高を更新した。保守的にみても、 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙国内価格 古紙輸出価格

【中国の古紙バブルの背景を探る】
中国で古紙価格が暴騰…なぜ?!
早期に収束するとの声が多数占めるが…

2017年1月2日 1211号


 昨年十一月、古紙の輸出市況が異常な急上昇をみせた。中国発の狂乱相場で、日本から段ボール古紙(OCC)の輸出価格は、一カ月で二五ドル/トン超も上昇し、米国品を上回った。中国国内の段ボール古紙価格も二千元/トン(=約三十三 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【古紙価格 ドル価推移】
二〇一一年のピーク時から三〇~四〇%下落
為替相場が円価支えるも、市況の波乱要因に

2015年10月5日 1150号


 古紙の輸出市況をドル価でみたとき、中位~低位の価格時代に差し掛かりつつある。中国の需要低迷に加えて、アジア諸国による増設計画は回収システムの整備も同時に進めるため、大きな需要増が期待できないからである。一方で、円価によ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【輸出価格】
雑誌も200ドル台に上昇、円価は17円台
新聞・雑誌の内外格差は5円以上の開きに

2013年11月4日 1056号


輸出価格が一段と上昇してきた。11月積みの関東商組の輸出価格は、雑誌が今年4月以来となる200ドル台に復帰し、3品ともに200ドル台に。国慶節以降は特に雑誌の騰勢が顕著で、3週間で20ドルほど上昇している。新聞・雑誌の内 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

中国系船会社が100ドル(1コンテナ)の値上げを発表
輸出経費の上昇で韓国向けの方が安くなる!?

2013年9月18日 1049号


中国向けのフレート(海上運賃)が9月16日から1コンテナ当たり100ドル値上げすると全ての中国系の船会社が発表した。為替変動による収益悪化が主な理由だが、古紙輸出においても今後影響が出てくるだろう。 本紙の調査では中国向 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【輸出価格】新聞・段ボールの円価、2年ぶりの高値
為替の円安定着すれば20円相場も視野

2013年7月15日 1041号


段ボールや新聞の輸出円価(問屋手取り)が7月入りとともにキロ18円台(高値には19円も)に乗せてきた。18円台の輸出円価はリーマンショック後では2011年以来、およそ2年ぶり。内外格差が4~5円まで開いてきたため、国内製 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙国内価格 古紙輸出価格

【輸出価格】4月に15ドル(三品平均)急落、200ドル割れ

2013年4月29日 1030号


4月に入り輸出価格が急落している。段ボール・新聞・雑誌の三品平均で15ドルほどの下落となっている。しかし2007年以降の月別のドル価推移をみてみると、4月は2009年の例外を除いて毎年価格が落ちる傾向にある。一方でアベノ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【輸出価格】国慶節明け後も続騰し、再び二百ドル台に

2012年10月29日


昨年、国慶節明け後、古紙の輸出価格が急落したが、今年は国慶節前から急反発し、明け後も続騰しているため、主要三品ともCIFトン200ドル台に乗せるのは時間の問題とみられる。段ボールは昨11月から、新聞と雑誌は今五月から輸出 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【輸出価格】
段ボールと雑誌、200ドルの攻防が続く
過去の傾向では5月下げ、6月から反発

2012年4月30日 982号


2年4ヵ月ほど続いた200ドル相場だが、段ボールと雑誌が200ドルを割ろうとしている。相場の先読みは予想し辛いが、本紙では上げ要因と下げ要因の両方を取り上げてみたい。これまでの輸出価格の推移、月別の騰落率の比較、現状分析 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【段ボール輸出価格】
米国西海岸で急騰、日本の手取りも12円台に
12円台(中部商組7月輸出)は04年3月以来、2年4ヶ月ぶり
中部商組、過去の高値は03年4月の14.2円

2006年7月10日 696号


中部製紙原料商組の7月の段ボール輸出価格が急騰した。問屋手取りベースで12円50銭となり、12円台は04年3月以来、2年4ヵ月ぶり。米国西海岸のOCC(回収段ボール)国内価格が6月中旬から下旬にかけて急上昇。つれて中国向 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

2 / 3123

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top