トップページ > 古紙輸出価格

古紙輸出価格の記事一覧

1 / 3123

【古紙輸出市況】
春節明け、5~10ドル続落
MIX問屋手取りは1桁台へ

2018年3月5日 1269号


 春節明けの古紙輸出市況が続落している。OCCのドル価は先月よりも5~10ドル安い150~160ドルを付け、中国のメーカーからの引き合いは限定的。ライセンスはほぼ消化済みか、米国品への割り当てが中心となっている。円価にす […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【中国の輸入規制の余波で】
国内価格のプレミアム消滅、輸出市況の下落続く

2018年2月5日 1265号


 前号や一面の通り、中国の輸入ライセンス認可が限定的のため、中国メーカーの意欲的な買付けに繋がっていない。1月末まで計4回に渡って発行されたライセンスは419万トンと前年の15%に留まっている※。年明けに輸出市況がV字回 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙国内価格 古紙輸出価格

【来年の価格予想】
OCCはキロ25円中心、一時的に30円超え
MIXは品質で三極化、低品質は3円の可能性も

2017年12月18日 1259号


 先日の本紙セミナーでも触れたが、来年の古紙価格について予想したい。セミナー参加者の一番の関心事は、中国の環境政策によって来年以降、どのように古紙需給と価格が推移するのかということだった。12月初旬に中国で開催されたRI […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【中国ライセンス問題で需給緩む】
OCCは前月比5円/㌔安
MIXは国内メーカーへ還流

2017年9月4日 1244号


 中国における今年後半の古紙輸入ライセンス更新が遅滞し、輸出市況の軟化に拍車がかかっている。残されたライセンス枠の中で輸入可能なメーカーが限られ、需給が緩んだためだ。特にOCC(段ボール)とMIX(雑誌等)は下げ傾向がと […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙国内価格 古紙輸出価格

【中国の環境規制】
2019年末までに資源ごみを全面輸入禁止?!
詳細未定も世界の再生資源市場に激震

2017年8月7日 1241号


 中国向けの再生資源市場が、急展開を迎えている。7月中旬に環境負荷の大きい資源ごみの輸入禁止措置をWTOに通達した後、27日には国務省が輸入禁止に向けたアクションプランを正式承認した。中国の製紙メーカーの思惑ではなく、政 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【古紙の価格政策】
王子とレンゴーで対応分かれる
王子は建値を一律三円上げ

2017年7月3日 1236号


 七月からの王子HDとレンゴーによる古紙の価格政策の方針が分かれた。王子は、七月購入分からの裾物三品の建値について、キロあたり一律三円値上げすると問屋各社に通知した。つまり段ボールは十五円から十八円、新聞は十四円から十七 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙国内価格 古紙輸出価格

【段ボールの輸出価格】
今年3月の最高価格に並ぶ
中国のインフレ・需要増続く

2017年6月21日 1234号


 六月半ばに、OCC(段ボール古紙)の輸出価格が、早くも三月の最高値に並んできた。ドル価で二六七ー二七〇ドルを付けており、円価では為替が三月に比べて円高に振れたため、二十七円弱となっている。ONP(新聞古紙)も二六〇ドル […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

【古紙市況】
OCCは200ドルが底値に
国内、後追いで建値改訂は?!

2017年4月17日 1226号


 四月に入っても輸出価格の下落基調は続いたが、実際の成約ベースではOCCが二〇〇ドル、MIXは一七五ー一八〇ドルが実勢相場の底値とみられる。これを下回るオファーがあっても成約に至らず、狼狽売りのケースは限られたようだ。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙国内価格 古紙輸出価格

【輸出価格】
三月に段ボール古紙が六〇~七〇ドル急落
中国の製品価格の下落・在庫増で調整局面

2017年4月3日 1224号


 古紙の輸出価格が一転、急落している。OCC(段ボール古紙)は瞬間的に二七〇ドルに達したものの、三月下旬までに六〇ー七〇ドル下げ、二〇〇ー二一〇ドルのオファーとなっている。まさに山高ければ谷深しの様相だ。ただ二〇〇八年の […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙国内価格 古紙輸出価格

【古紙輸出価格】
米OCC、30ドル反落
3月中旬が価格の潮目に

2017年3月20日 1222号


 三月上旬、米国OCC価格は、二〇〇〇年代では最高値となる三〇五ドルまで上昇した。しかし三〇〇ドル台という未曽有の価格によって天井感が出たことで、三月中旬から価格が下がり始めている。一気に二十~三十ドル下がったという話も […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙輸出価格

1 / 3123

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top