トップページ >

2017年12月の記事一覧

コラム【虎視】1258号

コラム「虎視」

2017年12月11日 1258号


▼古紙問屋と回収業者の垣根が低くなり、両者の融合が進んだ。問屋が自ら車両とドライバーを抱え、事業拡大を牽引したが、最近の人手不足は足かせとなっている。複数の問屋に自社回収に対する考えを聞いてみた。 ▼A社 「時間内でいか […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【新ヤード】
今年の新ヤードは13ヵ所、遅れも多数
半数超が関東地区、発生元との契約が動機

2017年12月11日 1258号


 中国の環境規制の強化によって輸出市場の先行きが不透明ながらも、今年と来年以降で全国で21カ所の新ヤードが立ち上がる。国内の古紙需要は堅調で、段ボール古紙は増産に伴う発注増の要請がある。また印刷出版や小売業の構造変化で、 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル 最新号

コラム【虎視】1257号

コラム「虎視」

2017年12月4日 1257号


▼今年、ヤマト運輸とアマゾンの間で配送費を巡る攻防が注目を集めた。値上げを押し切ったヤマト側に分があったとはいえ、営業利益率は1%台止まりと『利益なき繁忙』はなお続く。民間調査では荷物増や高齢化によって2023年に24万 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【はまだ】
スクラップ&ビルドで堺営業所をオープン
原紙輸出や製品倉庫としての機能を拡充

2017年12月4日 1257号


 ㈱はまだ(本社・和歌山県紀の川市中井阪七四、濱田義仁代表取締役)は11月20日、大阪府堺市に堺営業所を開設した。こちらはスクラップ&ビルドによるもので、同じ堺市内にあるチーム会社の山一屋のヤードが手狭になったため。また […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top