トップページ >

2016年12月の記事一覧

コラム【虎視】1210号

コラム「虎視」

2016年12月19日 1210号


▼十二月上旬に中国の珠海で催されたRISIの古紙会議に出席。百名近くが参加し、日本勢はKPP、トーチインターナショナル、阪和興業、宮崎という顔ぶれだった。KPPの中道徹氏はスピーカーとして登壇しプレゼンを中国語、ディスカ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【21大都市の古紙回収】
18市で減少、新聞・雑誌の落ち込み響く
大阪市は持ち去り禁止条例を来年施行へ

21大都市の行政回収量

2016年12月19日 1210号


 東京二十三区を含む、二十一大都市の古紙回収量の動向を調べた。二年前と比べると、実に十八市で減少傾向にあることが分かった。増加したのは京都市、大阪市、広島市のみで、この三市はもともと一人あたりの回収量が少なく、掘り起こし […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1209号

コラム「虎視」

2016年12月12日 1209号


▼今年も新ヤードが各地でオープンし、問屋の積極攻勢が続いている。問屋の自社回収が広がり、パッカー車などの保有車両も増えた。車両は半年から一年で納車されるが、危機的なのは人手不足だ。数量維持のため、車両を導入したものの、肝 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【新ヤード】
予定を含めると二十一ヵ所の新ヤード開設
二年間で三十四ヵ所、関東が最多の十三ヵ所

地域別新設ヤード

2016年12月12日 1209号


  本紙一一八二号(五月三十日付)では、今年の新ヤードは六ヵ所が設置され、計画予定を含めると十ヵ所と報道した。しかしその後の調査によって、年内に十七ヵ所の新ヤードの開設が判明。来年の開設予定を含めると二十一ヵ所に上る。ま […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1208号

コラム「虎視」

2016年12月5日 1208号


▼今年の古紙ジャーナルセミナーに異業種から一名招聘した。飲食業界の経営コンサルタントを長年務め、数年前に独立した㈱トライアングルの高橋社長である。彼は大学時代から苦楽を共にした親友でもある。 ▼今回は飲食業界の人材育成・ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【明和製紙原料】量よりクオリティの充実を
地方発、全国区の業務受注へ【カネシロ】

講演する明和製紙原料㈱の小六信和代表取締役社長(左)とカネシロ㈱の小池正照代表取締役(右)

2016年12月5日 1208号


 一般社団法人全日本機密文書裁断協会(旧パピルスネットワーク全国会、伊藤武巳会長)が去る十一月十八日、研修勉強会を東京都内で開いた。機密処理事業の取組みとして、明和製紙原料㈱(岡山市)の小六信和社長が「機密文書処理業界は […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top