トップページ >

2015年11月の記事一覧

コラム【虎視】1158号

コラム「虎視」

2015年11月30日 1158号


▼再生資源が軒並み価格を下げる中、古紙だけが高止まりしている。十月には、ついに鉄スクラップが古紙より安値を付けた。こうした現象は九十年代前半にも起きたが、古紙輸出が始まってからは初めて。古紙が唯一の稼ぎ頭となれば、他の再 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【台湾の製紙】
段原紙マシン三台で計七十七万㌧の増設
中国の人件費高騰等で、製造業が回帰

台湾における段原紙生産量の推移

2015年11月30日 1158号


 世界的な「紙離れ」によって、洋紙分野の市場縮小が続く中、製紙業は板紙と家庭紙に成長を求めるのが、世界の趨勢となっている。日本でもここ二、三年の間に、新マシンの設備投資があったのはこの二分野である。台湾でも同じく設備投資 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1157号

コラム「虎視」

2015年11月23日 1157号


▼「米国の古紙業者の景気が悪い」という話をよく聞くようになった。PPI誌によると、米国で最近、資源回収業者や廃棄物業者用にファンドが設立されたと報じられた。設備投資用資金の融資という名目だが、明らかに「業者の救済用」に活 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【価格考察】
鉄スクラップと古紙価格は連動しているか!?
年代ごとに先行指標が変化、新時代に突入か

鉄スクラップと古紙の価格推移

2015年11月23日 1157号


 古紙価格と鉄スクラップ価格は連動するということが以前から言われているが、果たして連動しているのか。どうせ比較をするなら徹底的にやろうということで、一九七〇年代から直近までの古紙価格(段ボール古紙価格)と鉄スクラップ価格 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1156号

コラム「虎視」

2015年11月16日 1156号


▼中国の山東省に、年間二十万トンの廃ペットボトルを原料として使用し、再生繊維を生産する工場がある。龍福(ロンフー)という企業で、ペットボトルのリサイクル業界では、かなり有名だという。 ▼その龍福は日本法人としてアプライズ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【キーペックス】
機密書類の保管業務で三十年超の実績
千葉と茨城の保管施設で約百万箱を収容

キーペックスの八街第二倉庫の外観

2015年11月16日 1156号


機密書類の保管サービスを手掛ける㈱キーペックス(千葉市中央区中央港2ー4ー4、齊藤宏代表取締役社長)を訪問した。同社は、一九八〇年代から機密書類の保管サービスを始め、高いセキュリティを備えた倉庫で、首都圏の企業の書類保管 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1155号

コラム「虎視」

2015年11月9日 1155号


▼欧州の取材時、対応した製紙メーカーの担当者が強い関心を示したのが、本紙のプライス・インデックス。つまり四面に載せている古紙市況欄だ。次に会う別の担当者に「日本の価格指標を作っている人」と紹介される始末だった。相場を形成 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【スマート 古紙回収】
IoT技術活かし古紙回収
自治体等に導入で五~九割回収効率向上

スマート古紙回収のサービスを提供する主な企業

2015年11月9日 1155号


モノのインターネットといわれる「IoT(インターネット・オブ・シングス)」が注目されている。身の回りのあらゆるモノにセンサーが組み込まれて、ネットを介してつながり、相互に通信できる仕組みのことだ。従来、見えていなかった情 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1154号

コラム「虎視」

2015年11月2日 1154号


▼IoT(モノのインターネット)が注目されている。無線LANなどの通信環境が整い、低コストの通信センサーが普及したことで、様々なモノがインターネットに相互接続できるようになった。これまで可視化されていなかった情報を集めら […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【生協の リサイクル施設】
パルシステム連合会のリサイクル施設を見学
商品カタログ(月間千二百トン)を回収、メーカーに直販

パルシステム生活協同組合連合会の杉戸リサイクルセンター外観

2015年11月2日 1154号


本紙調査によると、生協が運営するリサイクル施設は全国で八ヵ所となった。また今回取り上げるパルシステム生活協同組合連合会は、杉戸リサイクルセンターを含めて計四ヵ所にベーラーを設置している。最近、特に生協関係者から本紙への問 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top