トップページ >

2015年08月の記事一覧

コラム【虎視】1145号

コラム「虎視」

2015年8月31日 1145号


▼先日、あるジャーナリストから取材を受けた。普段は取材をする側なので、取材を受けるというのは新鮮である反面、記事の意図や全体像というのは、取材される側からは見えにくいと気付かされた。取材する意図、テーマ、質問、記事構成を […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【オガワエコノス】
年間4万3千トンのRPFを供給
全国の処理業務も受注し、海外へ視野

2015年8月31日 1145号


広島でRPF製造などを手掛ける産廃業者、㈱オガワエコノス(本社:広島県府中市高木町五〇二ー一〇、小川勲代表取締役会長)を訪問した。事業の柱であるRPF製造は、全国で三番目に大きい供給規模がある。また人口減少に直面する地域 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【古布】
マレーシア向け輸出価格、最大二〇%下落
大手業者が一万二千㌧の在庫積み増す

2015年8月24日 1144号


 七月に古布の輸出価格がマレーシア向けを中心に八~十円前後下がったが、マレーシアの大手古布業者のホンスーンハンで在庫が未だ高水準にあるなど、先行きの不透明感が漂っている。価格高騰を続けていた古布は、ピーク時より一〇~二〇 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【古紙問屋の後継者問題】
社長平均五十六歳、世代交代順調に
第三世代が問屋の企業的経営を模索

2015年8月10日 1143号


 今春、家具販売大手で経営権を巡り、株主を巻き込み父娘が対立する騒動が起きたことは記憶に新しい。古紙問屋にとっても、その大半は親族が事業を継承しており、必ずしも他人事とはいえない出来事に映ったのではないか。そこで主要な古 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【平林金属】
リサイクルステーション「えこ便」を開設
情報発信を行い不正業者の排除を狙う

2015年8月3日 1142号


七月二十四日にオープンした平林金属㈱(本社・岡山市、平林実代表取締役社長)の資源物回収ステーションである「えこ便」を見学した。えこ便は家庭から排出されるあらゆる資源物を回収し、ポイントを付加することでリサイクルを推進する […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top