トップページ >

2012年11月の記事一覧

【王子マテリア】
雑がみに昇華転写紙、年70件近く検出
雑誌多用の白板紙工場で水際検査を強化

王子マテリア富士第一工場の古紙置き場。1万トン前後の在庫。

2012年11月26日 1010号


自治体による雑がみ回収が拡がったことで、雑誌古紙には多種多様の紙類が含まれるようになった。こうした雑誌系の古紙を多用するのが白板紙工場で、雑がみの回収が増えるにつれ、頻繁に禁忌品が混入する事態にも頭を悩ましている。王子マ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【虎視】1010号

コラム「虎視」

2012年11月26日 1010号


住商紙パルプと上海住友商事のアテンドにより、中国の製紙メーカー及び古紙ヤードの現状を見て回った。来年、70万トンの白板マシンの稼動を控える寧波中華紙業(APP)、吉安グループが筆頭株主となり、今後の日本からの買い付けルー […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム「虎視」1009号

コラム「虎視」

2012年11月19日 1009号


▼回収量の半分近くが輸出されるPETボトルは古紙以上に市況変動も激しい。年初めに比べPETフレークの市況は二割近く下落。そのため容リ法に基づく指定法人ルートで落札した事業者が、価格下落と需要減に耐え切れずギブアップ。容リ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【日本ウエスト】
国内最大級のRPF製造施設が稼働
グループで23万㌧の年産能力に

日本ウエストグループの川越テック

2012年11月19日 1009号


RPF製造の日本ウエスト㈱(本社・京都市伏見区横大路千両松町9―1、長田和志代表取締役社長)は、同業四社で「RPFエコネット」として協力関係を結び、全国の製紙工場等にRPFを安定供給してきた。今年5月には国内最大級で月産 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【韓国の古紙ヤード】3ヵ所の形態の違う古紙ヤードを見学、1ヤード当りの回収量は日本の約2倍

2012年11月12日 1008号


 韓国最大の古紙貿易商社・バランスインダストリーの日本法人であるエコマット産業のアテンドにより、韓国釜山近郊の古紙ヤードを3ヵ所訪問した。まず訪れたのが3ヤードで月間3万トンを扱うテウンリサイクリング。ヤードの隣にガソリ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙ジャーナル海外ニュース

【虎視1008号】

コラム「虎視」

2012年11月12日 1008号


1997年末、韓国で通貨危機が起こり、経済が大打撃を受けた。。金大中政権は経済再生の中核として「サイバーコリア21」計画を策定し、情報インフラの整備、ベンチャー企業の育成、国民のパソコン普及を積極的に進めた。これらのIT […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

東京23区の行政回収、ピーク時の10万トン減

2012年11月5日 1007号


家庭から回収される古紙は、東は行政回収(分別収集)と集団回収の二本立て回収が定着、西は集団回収中心だったが、来年から大阪市が古紙と古布の行政回収に乗り出し、二本立て回収を開始。一方、東は横浜市と静岡市が平成25年度中をめ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙回収量

【虎視1007号】

コラム「虎視」

2012年11月5日 1007号


輸出価格の先行きを分析するためにも、米国の状況を探ってみた。米国内価格をみると、内外価格差がこれまでになく拡がる。西海岸のロスでもOCCが130ドル(問屋店頭)と低位で、円価にするとキロ10円を割ってくる水準。輸出価格と […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top