トップページ >

2010年05月の記事一覧

コラム「虎視」 887号

コラム「虎視」

2010年5月31日 887号


▼ベトナムのホーチミン市にあるタンソンニュット空港に降りると、熱風が吹き付けてきた。さわやかな日本の五月の気候から一転して、7、8月の日本にタイムスリップしたような印象だ。空港に迎えにきてくれたビナクラフトの日本人スタッ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【ベトナムの製紙業】紙・板紙と古紙の消費の4割以上を輸入
輸入国から現地生産化、需要拡大に期待

ベトナムの製紙業

2010年5月31日 887号


5月19日から3日間にわたり訪越し、レンゴーの合弁企業であるビナクラフトペーパーの段原紙生産工場と直営の古紙ヤードを見学した。ビナクラフトの特集は次号以降に掲載したいが、ベトナムにおける製紙業の現況を俯瞰しておきたい。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 886号

コラム「虎視」

2010年5月24日 886号


▼最近、商社筋からよく聞くのが2015年問題。2015年には中国内の古紙回収率が飛躍的に伸び、中国内の古紙価格が世界指標になり、古紙輸入が頭打ちになるという問題を指す。本紙でもこの問題を877号で採り上げ、将来の中国の輸 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【山口資源】この4年で5ヵ所のヤードをオープン
全量持ち込みで低コストの回収を実現

山口資源の本社ヤード入口。両脇の建物は古着屋で奥が本社事務所

2010年5月24日 886号


本紙が3月末に再編集して発行した「古紙ヤードマップ2010」。4年前からヤード数を大きく増やした(掲載漏れも含む)問屋は、北関東通商(茨城県)、中商(福島県)、山口資源(山口県)の3社。今回は山口資源㈱(本社・山口県防府 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 885号

コラム「虎視」

2010年5月17日 885号


▼本紙調査によると日本の古紙ヤード(ベーラーなどを設置した回収基地)数は今春時点で1769ヵ所。今年も20ヵ所前後増えそうで、1800ヵ所に達するのは時間の問題だろう。 ▼考えてみると日本はどうやら世界で最多の古紙ヤード […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【武松商事】今3月に食品リサイクル工場を開設、千葉に養豚場も
古紙との兼業は全国で11社に、今後も参入増えるか

古紙を扱う事業者で食品リサイクルに取り組む事例

2010年5月17日 885号


食品リサイクル事業への関心が高まっている。古紙は二年連続で回収量が減少し、他の資源物に食指が動いたところへ、食品廃棄物はリサイクル率が低く、回収増の余地があると見るからだ。スーパーなどで発生する事業系古紙とともに回収でき […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 884号

コラム「虎視」

2010年5月10日 884号


▼古紙再生促進センターは古紙の統計分類と主要銘柄の一部を改定した。これまでの模造・色上の主要銘柄は①模造②ケント③色上④白アート⑤飲料用パック⑥オフィスペーパー。これに⑦チラシを新たに加えた。チラシは新聞の折り込みチラシ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【上山製紙】古紙ものトイレットペーパーを年間1万4千トン生産
東北地区の家庭紙向け古紙価格は静岡と連動

上山製紙の本社工場入口

2010年5月10日 884号


古紙ものトイレットペーパーを生産する東北の家庭紙メーカー、上山製紙(本社・岩手県一関市千厩町千厩字町浦75、菅原寿基代表取締役社長)を訪問した。同社は、東北地区では古紙ものトイレットペーパーを生産する最大の家庭紙メーカー […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top