トップページ >

2009年12月の記事一覧

コラム「虎視」 866号

コラム「虎視」

2009年12月21日 866号


▼輸出価格の暴落で、昨年末には国内建値に付いていたヒゲがすっかり消えてしまった。ヒゲとは二階建て、三階建てのプレミアム(割り増し)価格のこと。ちなみに当時の関東地区の国内建値は段ボール18円、新聞20円、雑誌16円(いず […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【APPグループ】アジア最大の年間1,500万トンを生産
中国でパルプ・製紙の一貫戦略を加速

2009年12月21日 866号


APPグループ(本社シンガポール、テグー・ガンダ・ウィジャヤ会長)は、年間1,500万トンの紙・パルプを生産するアジア最大、世界第3位の製紙メーカーに成長。アジアでは唯一の1,000万トン級メーカーである。 主にパルプも […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 865号

コラム「虎視」

2009年12月14日 865号


▼古紙もの家庭紙メーカーは産業系古紙だけでなく、機密書類を含めたオフィス古紙や難処理系古紙の利用を進めたことで、産業系古紙の消費が縮小し、需給が緩む。この流れを変えたのが、国内洋紙の利用拡大とオフィス古紙の輸出だった。捨 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【山﨑紙源センター】今1月に都城営業所をリニューアルオープン
2,500坪の敷地であらゆる資源物を扱う

2009年12月14日 865号


2007年に東国原知事が就任し、にわかに活気付いた宮崎県。その宮崎県を地盤に、古紙を中心とした様々な資源回収を行っているのが山﨑紙源センター(本社・宮崎市江平東町6番地13号、山﨑孝一代表取締役)。同社は宮崎県に7ヵ所、 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 864号

コラム「虎視」

2009年12月7日 864号


▼チュンナムが11月から上物古紙を買い付け始めた。ナインドラゴンが生産する白板紙のアンコの原料に使用する(新聞代替か)ためとみられるが、来年以降の設備増強を洋紙分野に照準を合わせているので、将来的にはDIP(脱墨古紙パル […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【古紙の新ヤード】9年連続のヤード開設ラッシュ(20ヵ所以上)続く
21ヵ所が開設するが昨年と比べると半減

2009年12月7日 864号


昨秋の輸出価格の大暴落で、今年はついに古紙ヤードの開設ラッシュがストップするかと思われたが、今年も21ヵ所の新ヤードが開設した。2001年以降、9年連続でヤードラッシュ(20ヵ所以上の新設)が続いている。昨年は輸出価格が […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top