トップページ >

2008年07月の記事一覧

【東日本の古紙回収】
全国の回収量のほぼ半分を占める
北海道、圧倒的に集団回収に依存
新聞のネットの回収率は84%(本紙推定)

東日本の古紙回収

2008年7月28日 797号


都道府県別に市部の古紙回収量(集団回収と分別収集)や集団回収に対する補助金などの実態調査を進めているが、少し遅れがちでまだ東日本が終わったばかり。現在、中部地区に入ったところだが調査の終わった東日本を総括してみよう。 東 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【安田産業・西院工場】
京都市右京区に同社初の古紙ヤードを開設
ポイント制導入でガソリンスタンドと提携

京都市右京区にオープンした安田産業の西院工場

2008年7月21日 796号


去る7月7日にオープンした、安田産業の新ヤードである西院工場(京都市右京区西院東貝川町七四番地)を見学させてもらった。安田産業としては初の古紙ヤード開設であり、京都市の右京区でも初の古紙ヤードとなる。 「京都古紙改革」と […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【王子製紙・苫小牧工場】
2011年に2基目の新エネルギーボイラー
2基合計のRPF使用量は26万5千トン
古紙使用量は年間77万3千トン

苫小牧工場の入口にISO14001取得工場と表記

2008年7月14日 795号


今年は製紙メーカーのバイオマス等の廃棄物系燃料ボイラーが一斉に稼動を始める。年内に11基が稼動を予定しており、日本製紙グループが七基、王子グループが2基、いわき大王製紙が1基、高砂製紙が1基。来年以降も数社が稼動を予定。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 794号

コラム「虎視」

2008年7月7日 794号


▼791号で今年開設(予定を含む)の古紙ヤード(ベーラーなどの設備を保有する回収基地)は全国で24ヵ所と報道したが、その後の調査で北海道・東北で2ヵ所、近畿で3ヵ所が確認され、これらを合計すると30ヵ所前後にのぼる見通し […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【マテックプラザ】
7年前からリサイクルポイント制度を導入
ポイントが貯まると100種類の商品から選択

マテックプラザの事務所棟と2台のスケール

2008年7月7日 794号


北海道で自動車リサイクルを中心に総合リサイクルを営む、㈱マテック(本社・北海道帯広市西21条北1丁目3番20号、杉山博康代表取締役)の古紙専用ヤードである、マテックプラザ(札幌市白石区本通20丁目北1ー10)を見学させて […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top