トップページ >

2005年の記事一覧

2 / 10123»

コラム「虎視」 664号

コラム「虎視」

2005年11月14日 664号


▼富陽市の古紙の朝市で紙管古紙を満載したトラックを何台か、みかけた。富陽市には製紙会社が約350社前後あるとみられているが、紙管古紙を板紙原料として積極的に利用しているからであろう。この紙管古紙の相場が気になって日本に帰 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【中国の古紙価格】
段ボール、トン700元~1,400元を行ったり来たり
1,000元を底に新聞は年々着実に上昇
今年の新聞、過去5年間で1番の高値
トン1,600元、円価でキロ23円に

2005年11月14日 664号


日本の古紙価格が低位に安定するようになったのは、1980年代の後半から。70年代から80年代前半にかけては、二度にわたるオイルショックの勃発などもあり、価格は乱高下した。現在では信じられないが、段ボールや新聞でキロ40円 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 663号

コラム「虎視」

2005年11月7日 663号


▼浙江景興紙業の本社を訪問したのが4年前の2001年秋だった。当時の板紙の生産量は段ボール原紙中心に年産12万トン。その後同グループは外装ライナーと中芯原紙マシンを1台づつ増設、能力増は年産35万トンになった。ちなみに中 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【景興紙業グループ】
4年間で段原紙35万トンの能力増
中芯原紙専抄の景興日紙(05年4月から営業運転)
使用古紙(段ボール月1万トン)の6割を日本から輸入

2005年11月7日 663号


浙江省平湖市にある浙江景興日紙有限公司の新工場を見学させてもらった。同社は資本金19億円で、日本製紙、日本紙パルプ商事、浙江景興紙業集団造紙の3社による合弁会社。日本側が55%の株式を保有している。会社設立は2003年夏 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 662号

コラム「虎視」

2005年10月31日 662号


▼浙江省富陽市で毎日(365日休みなし)開かれている古紙の朝市は相変わらずの活況だった。この市場、正式には富陽市江南廃紙交易市場というが、この朝市を見学する日本の関係者が随分と増えた。本紙もこれまでに何度か紹介してきたが […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【北海紙管】
逝江省平湖市の紙管工場(05年3月営業運転)で開所式
工場敷地内に古紙・廃プラのヤードを建設
平湖市の営業許可を取得、12月にもオープン

2005年10月31日 662号


浙江省平湖市にある北海紙管浙江有限公司(長谷川裕一薫事長)の開所式に出席させてもらった。開所式には地元政府、景興紙業グループ、さらに中国と日本の関係者が多数出席し、同社の今後の躍進を祝った。同社は北海紙管が紙管製造・販売 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 661号

コラム「虎視」

2005年10月24日 661号


▼フィルムなどがラミネートされた紙は古紙としては嫌われ、かっては産業廃棄物として焼却されていた。もっとも牛乳パックは内側にフィルムがラミネートされているものの、パルプ100%の紙が使用されていることから、生協やスーパーの […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【古紙市況】
内外格差の拡大で各品種にプレミアム(割り増し)
02年秋の上昇局面に似たような環境に
米国西海岸のOCC(回収段ボール)輸出価格反騰

2005年10月24日 661号


家庭紙から板紙、洋紙向け古紙まで幅広い品種で値上がりしたのが2002年秋だったが、似たような環境になってきた。輸出価格の上昇で、各品種とも3円前後の内外格差が付いている。このため各品種でプレミアム(割り増し)価格やスポッ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙輸出価格

コラム「虎視」 660号

コラム「虎視」

2005年10月17日 660号


▼兵庫県の姫路市が今10月から全市で、その他紙製容器を含めた雑がみ(市の表現ではミックスペーパー)の分別収集を始めた。容リ協会を通さない独自の収集である。古紙の分別収集は自治体が任意で行っているもので、容リ法とは関係がな […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【王子製紙・春日井工場】
スクラップ&ビルドで07年にバイオマスボイラー新設
木屑、RPF、廃タイヤの使用量倍増へ
塗工紙への古紙配合増(現在の配合率は20%)も検討

2005年10月17日 660号


王子製紙春日井工場(愛知県春日井市王子町1)はスクラップ&ビルドでバイオマスボイラーを新設する。試運転は2007年8月、本格運転は同10月の予定。同工場は既存のボイラーで月間木屑5,000トン、RPF(固形燃料)1,50 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

2 / 10123»

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top