トップページ >

2005年09月の記事一覧

コラム「虎視」 657号

コラム「虎視」

2005年9月26日 657号


▼自治体における古紙の分別収集(行政回収)の普及は①抜き取り行為②入札制による高値入札-問題をクローズアップさせるようになった。分別収集を実施している自治体は、集団回収にも助成しているケースが多い。助成は支出だが、入札に […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

丸紅の南通ヤード(古紙問屋9社が出資)がオープン
中国でのヤード開設、さらに増える見通し
6年連続でヤードラッシュ
国内外に今年は30ヵ所前後

国内外のヤード開設

2005年9月26日 657号


昨年は全国で40ヵ所以上の古紙ヤードが開設され、過去最高のヤードラッシュとなった。今年も6年連続のヤードラッシュとなっている。今年の特徴は国内だけでなく中国でベーラー(大型梱包機)を設置したヤードがいくつかできたことだ。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 656号

コラム「虎視」

2005年9月19日 656号


▼都道府県別の古紙ヤードマップを作成しているが、現在、中四国地区を調査中。これまでの調査で分かったことは、ベーラーを設置した古紙ヤードは人口8.5万人に1ヵ所ぐらいあるということだ。日本の人口は1億2,600万人なので、 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

雑がみ回収、全国の自治体に波及か
家庭系紙ごみの減量化に効果的
分別収集と集団回収で軌道に
紙製容器を含めた家庭の雑がみ

市町村からの引取り実績

2005年9月19日 656号


既報のように横浜市は今年4月から始めた古紙の分別収集において、その他紙(雑がみ)の独自の分別基準を作った。集団回収でもこの基準を適用した雑がみが集められるようになっており、市の雑がみの回収量が急速に拡大している。市の集団 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 655号

コラム「虎視」

2005年9月12日 655号


▼横浜市資源循環局のホームページを開いて「ごみ分別辞典」をクリックすると、50音順に分別収集できるごみと、そうでないごみを住民に細かく説明している。例えばア行では油紙は◎、カ行ではカップ麺の容器、紙コップ、紙皿が◎となっ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【横浜市・分別収集】
雑誌とその他紙(雑がみ)が全体の55%占める
雑がみに禁忌品混入、国内メーカー使用せず
G30プラン、5年前倒しで今年度に実現か

横浜市・分別収集

2005年9月12日 655号


350万人の人口を抱える日本第2の大都市、横浜市が今年4月から古紙、古布、その他プラスチック容器包装(以下容リプラ)の分別収集を全域で開始した。4-6月の回収実績を横浜市資源循環局家庭系対策課に聞いてみると、古紙1万5, […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 654号

コラム「虎視」

2005年9月5日 654号


▼東京都23区全域で古紙の分別収集が始まったのが平成12年度(2000年度)。初年度から集団回収量を上回り、新しい回収スタイルとして区民に定着したが、翌年の13年度をピークに異変が起こる。平成14年度、15年度と2年連続 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【佐久間】
東京都町田市に4,500坪のリサイクルセンター建設
一般公募で町田市が選定、12年間の随意契約を結ぶ
その他プラスチック容器(容リプラ)の専用ヤード

佐久間木更津リサイクルセンター ビン、缶、PET、容リプラを扱う

2005年9月5日 654号


東京都町田市が来年4月から「その他プラスチック容器包装」(以下、容リプラ)を市内全域で分別収集する。収集開始に当たって分別基準適合物にするためのリサイクルヤード(選別・加工する中間処理施設)を建設できる企業を一般公募した […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top