トップページ >

2005年05月の記事一覧

コラム「虎視」 641号

コラム「虎視」

2005年5月30日 641号


▼本紙はオフィス古紙のうち粗選別したものをミックス、精選別したものをオフィスパック(別名では込頁)と呼んでいるが、輸出のグレードとしてはミックスといえば雑誌のことを指し、オフィス古紙にはミックスはないという。オフィス古紙 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【荒川商店】
鉄スクラップの輸出専用バースを持ち
扱い量(月平均1万トン)の6割をアジアに輸出
古紙、ビン、廃家電、RPFまで取り扱う

鉄スクラップの輸出専用バース&ヤード

2005年5月30日 641号


鉄スクラップの輸出専用バースとヤード(港と基地)を持つ㈱荒川商店(本社・鹿児島市新栄町4-8、荒川文男社長)を訪問し、専用バースなどを案内してもらった。コンテナを利用する古紙と違って、鉄スクラップはバラ積みで輸出される。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 640号

コラム「虎視」

2005年5月23日 640号


▼過日、大手全国紙の環境部の方と話していたら、東京本社と大阪本社ではオフィスで発生するごみ(事業系ごみ)の分別収集に対する取り組み姿勢がまるで違う、という話をされた。例えば東京から転勤してきて大阪に勤務すると、それまで東 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【オフィス古紙】
新東洋(ベトナム)の増産、寧波中華紙業(中国)の
輸入再開で秋口にも需給は好転か
九州製紙(大分製紙グループ)、年末から原料を手当

新東洋(ニュートーヨー)の会社概要

2005年5月23日 640号


ベトナムの家庭紙メーカー、新東洋(ニュートーヨー)は日本からオフィスパック(込頁)を月1,500トン購入しているが、今秋には製品ベースで年産1万1千トンの増産体制を整えるのにともない、使用古紙も月1,000トン~1,50 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 639号

コラム「虎視」

2005年5月16日 639号


▼中国の3月の古紙輸入通関実績によると、単月としては過去最高の158万トンとなった。前月が99万トンだったので、実に59万トンもの増加である。中国の場合、月ごとの輸入数量が大きくぶれるため、一喜一憂しない方が賢明かもしれ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【本田春荘商店】
東広島市に4番目の古紙ヤード開設
西風新都、機密文書の処理増える
2年連続で広島市の選別・加工業務落札

新しくオープンした東広島営業所

2005年5月16日 639号


㈱本田春荘商店(本社・広島市南区)の新ヤード、東広島営業所(東広島市西条中央4-2-40)をこのほど見学させてもらった。同社にとって広島市郊外では初めての古紙ヤードで、かつ古紙では4番目のヤードである。 東広島営業所を見 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 638号

コラム「虎視」

2005年5月9日 638号


▼中国の昨年の紙・板紙生産量は前年比20.4%増の4,863万トンだった。2010年には6,000万トンの生産量(日本の倍)に達するとの見方はますます現実味を帯びるようになった。前年に比べて800万トン以上も紙・板紙生産 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【新ヤード】
6年連続で新ヤード(回収基地)開設ラッシュ
今年は国内外に20ヵ所以上か
近畿地方、昨年は15ヵ所誕生

平成17年の古紙ヤード新設一覧

2005年5月9日 638号


昨年は全国で40ヵ所以上の古紙ヤードが開設され、過去最高のヤードラッシュとなった。設備投資の主役は古紙問屋だったが、廃棄物業者がリサイクル施設を作り、同施設内に古紙のベーラー(大型梱包機)を設置するケースも目立った。 今 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top