トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1277号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2018年4月30日 1277号

コラム「虎視」

▼日本環境設計というベンチャー企業をご存知だろうか。2011年創業ながら、イオングループやセブン&アイホールディングス、良品計画、パタゴニア等々、並みいる大企業と提携をしている会社である。同社の会長の著書によると、「金ない、人脈ない、技術ない」という無い無い尽くしの会社が、前述の大企業を味方に付けて、古着回収や廃プラ回収を行っている。

▼これらの大企業と提携したのは、同社が唯一無二の技術を生み出したから。これまで古着のリサイクルと言えば、大半がリユースだった。古着としてリユースが6割、ウエスと反毛が2割、残りはリサイクルできないごみとして処分されていた。また古着全体のリサイクル率をみても、20%程度しかない。これはリユース用途に限定されていたからである。

▼しかし同社の技術では、古着からバイオエタノールを抽出し、そのバイオエタノールによってポリエチレンを生成し、再び服飾製品に生まれ変わることができる。またバイオエタノールを燃料として使用することもできる。これらは大阪大学との共同研究によって生み出した技術で、特許を取得している。今春には北九州工場を開設。フル稼働すれば年間2,000トン超のバイオエタノールを生産できる。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top