トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1274号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2018年4月9日 1274号

コラム「虎視」

▼日本ではBKP(晒クラフトパルプ)の専抄メーカーは存在せず、UKP(未晒クラフトパルプ)では兵庫パルプ工業が唯一の専抄メーカーだ。かつてチップ高騰で競争力を失い、付加価値を高めるために抄紙機を相次ぎ導入し、パルプから紙までの一貫生産が主流となってきた。ところが、洋紙需要の先細りとともにパルプや古紙価格の上昇から市場に変化も起きつつある。

▼昨年、古紙高騰の背景で、にわかに伸びたのがパルプ出荷だった。国内販売、輸出ともに伸び、それぞれ前年より6.7%、5.8%の増加だった。国内では家庭紙の増産、海外では中国向けの需要が追い風となった。造れば造るほど売れる状況で、国内のパルプ設備はほぼフル稼働。一貫生産が基本なので、洋紙市場の縮小分がパルプの外販余力となっているわけだ。

▼パルプ市況は昨年だけで約4割も上昇した。中国の古紙輸入規制から輸入パルプの需要が急増。供給サイドでは大手パルプメーカーの設備トラブルが起きたことも需給逼迫の一因だった。パルプ化工程で出る黒液のエネルギー回収が利点で、海外販売も好調となれば、価格変動の激しい古紙よりポテンシャルが高まる。現に近年は紙生産の落ち込みよりも古紙の紙向け消費の減少幅のほうが大きい。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top