トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1265号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2018年2月5日 1265号

コラム「虎視」

▼昨年11月に関東商組の問屋15社は、輸入した新聞古紙の開梱調査を実施した。新聞古紙の輸入品が日本のメーカーで使えるかどうか、テストすることが目的。輸入国は米国・英国・オーストラリアの3ヵ国で、ナンバー8の回収された新聞古紙とナンバー9の新聞残紙を都内のヤードで開梱した。

▼過去を振り返ると、80年代から90年代は古紙輸入の全盛期。日本で最も古紙輸入量が多かったのは、1991年の85万トン。そのうち78万トン(92%)が米国からだった。品種ではOCC(DLK含む)が52万トン(61%)、ONPが18万トン(21%)で、この両品種で82%を占めていた。近年の輸入量は2~4万トン台に留まっている。

▼輸入した新聞古紙の開梱結果は、散々たるものだった。新聞古紙とは名ばかりで、新聞の含有率は2~3割。チラシや雑誌等が5~6割、禁忌品も1割ほど混入していた。特に米国やオーストラリアのものはPETボトルの混入が多かったという。結局、この品質では日本の製紙メーカーは使えないという結論に達した。「中国が環境規制を行う気持ちが良く分かった。それほど欧米の古紙の品質は低い。」という開梱に立ち会った関係者の言葉が、非常に印象的だった。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top