トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1244号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2017年9月4日 1244号

コラム「虎視」

▼2015年末、中国の山東省濱洲市にある龍福社を訪問した。この24万坪の広大な工場では、世界各国から輸入した年間約20万トンの廃PETボトルを原料として、付加価値の高い長繊維の製品を生産している。具体的には、毛布・絨毯・カーテン・服・壁紙・テント等。2014年には、中国で10社ほどしか選ばれない「中国の画期的な創造企業」に選出された。

▼この時の視察では、二つの大きな驚きがあった。一つは龍福社の技術力。過去に廃プラを原料とする中国の工場を視察したが、どこも人海戦術による選別と、「安かろう悪かろう」の製品。100円ショップ等で販売している製品の多くは、このような工場で作られている。しかし龍福社の技術力や製品は、これまでの価値観を一変するものだった。

▼もう一つの驚きはPM2.5。山東省の駅を降りた時、霧がかなり出ているなと感じたが、それは全てPM2.5による大気汚染物質だった。わずか3日間の滞在だったが、2日目から体調が悪化した。市販のマスクでは、PM2.55を防げなかったようだ。中国の光と影。未来に繋がる革新的な技術の光と、深刻な環境汚染による影。中国は現在、影を消し去ろうと躍起だが、光まで消し去っては意味がない。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top