トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1227号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2017年4月24日 1227号

コラム「虎視」

▼MIXの輸出価格は、わずか一ヵ月間で百ドルほど暴落した。三月下旬から暴落したが、時期的に問屋にとって最悪のタイミング。三月上旬から中旬にかけて、全国の自治体で入札が行われた後だった。三月上旬までは二六〇ドル前後の高値圏だったため、自治体の入札でもキロ二十円~二五円ほどの価格が相次いだと思われる。

▼今回のMIXの暴落は、中国向けの寡占化が大きな要因。MIX古紙輸出の八割以上は中国向け。その中でも、大手三社が大きなシェアを占めている。二〇一四年の日MIXの輸出量は、①ナインドラゴン=四六・三万トン、②APP寧波=三六・〇万トン、③吉安・山鷹グループ=一一・五万トン。上位三社で七四%を占める。

▼一方、日本の製紙メーカーで雑誌古紙の消費量が多いのは、①王子グループ=六六・〇万トン、②日本製紙=四六・九万トン、③北越紀州製紙=一四・二万トン。上位三社で六六%。しかし国内メーカーの雑誌古紙の消費量は年々減少。ピーク時の〇四年に比べて昨年は七十七万トン減(二八・五%減)。また雑誌古紙の輸出比率は三三・六%で、古紙全体の輸出比率一九・六%と比べて高い。今後もMIXの国内消費減と中国偏重は続くのか。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top