トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1225号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2017年4月10日 1225号

コラム「虎視」

▼新年度に入り、段原紙市況の仕切り直しが注目されていた。王子とレンゴーの膠着状態が続く中、口火を切ったのがNTI(日本東海インダストリアルペーパーサプライ)だった。値上げ幅は二〇%以上で、時期は五月末から。値上げ要因の一つである古紙の輸出市況は既に軟化しているが、タイムラグの発生は致し方ない。これまでの上昇分の転嫁が主眼になるだろう。

▼NTIは、日本製紙と特種東海製紙が段原紙共販のために昨夏設立した合弁会社。段原紙シェアは二〇%を占める。製品まで手掛ける一貫メーカーの王子Gは二五%、続くレンゴーGは二三%。三番手による値上げ表明は異例だが、専業メーカーだから踏み切れたという事情もある。段ボールは最終製品のシート・ボックス価格までの値上げが最大の課題だからだ。二〇一二年に発覚した製品カルテルも呪縛になっていた。

▼古紙の建値を据え置いたまま、段原紙価格の値上げに踏み切ったこともこれまでの慣例を破った。もはや建値は有名無実化し、最低価格との認識が強い。需給を価格に反映させる方式が定着している。四月の実勢の段ボール古紙の購入価格は前月から横ばい、平均的には二十円前半のようだ。製品安原料高が進んだ市況を立て直す好機となるか。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top