トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1209号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2016年12月12日 1209号

コラム「虎視」

▼今年も新ヤードが各地でオープンし、問屋の積極攻勢が続いている。問屋の自社回収が広がり、パッカー車などの保有車両も増えた。車両は半年から一年で納車されるが、危機的なのは人手不足だ。数量維持のため、車両を導入したものの、肝心のドライバーが集まらない状態だという。

▼ドライバーを含む自動車運転の有効求人倍率は二・二五倍と全業種平均の一・二一倍を大きく上回る。もはや求人広告を出すという待ちの姿勢では人が集まらず、いかに掻き集めるかが死活問題となっている。労働人口が減る中で、若い世代にドライバーは敬遠され、成り手は少ない。問屋の中小企業としてのブランド力が弱いことも、従業員確保を難しくしている。福利構成といった条件面の拡充も欠かせず、総じて人件費は高騰しているようだ。

▼各社ともあらゆる手を尽くす。社員のツテをたどりボーナスを支給する社内紹介制度は一定の効果がある。ただし一巡すると効果も薄れる。就職フェアで積極的な働きかけをしたり、専門の人事部を設け採用プロジェクトチームを発足させた問屋もある。今や女性ドライバーも珍しくなくなった。古紙の発生が減る中で、いかに人手を集め車両設備をフル稼働できるか。問屋の経営能力が問われている。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top