トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1207号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2016年11月28日 1207号

コラム「虎視」

▼いずれ中国も古紙を自給できる日がやって来るのだろうか?日本はかつて古紙が不足する輸入国だった。それが今や回収が消費を上回る輸出国だ。中国でも回収量が伸び、品質向上も著しいという。統計上の回収率は四八%だが、製品付随で外に出る分を差し引いた正味の回収率は六〇~七〇%に達するとみられている。

▼日本の古紙輸入量がもっとも多かったのが一九九一年の八十五万トン。このうち米国からの段ボールが四十九万トンを占めた。このとき回収率は五一%、自給率は九四%だった。つまり回収率を数ポイント上げるだけで、完全自給は解決できたわけだ。中国の自給率は六二%で、年間三千万トン近くを輸入古紙に頼っているのとは次元が異なる。

▼日本でも輸入のピークから輸出国に転換するまで約十三年かかった。当面、中国にとっても輸入古紙は欠かせないはず。なのに、日本の古紙に対する風当たりは厳しい。一番の理由が品質だ。現場で水分や異物混入を歩引きできる国内品と違って、輸入古紙はクレーム・代金交渉が煩雑である。日本品は割高で品質が伴っていないとの声は強まるばかり。輸入がゼロになる日は遠くとも、品質と近接性が強みだった日本品が国内品や他国品に代わる流れも起こり始めている。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top