トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム「虎視」 613号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2004年11月1日 613号

コラム「虎視」

▼山形の酒田市に出張する用件があったので、東北地区の古紙需給を調べてみた。同地区メーカーの古紙購入量は月間15、6万トン。本紙の推定による回収量は同12万トン弱。この差の3、4万トンが関東地区から供給されている。東北地区の古紙需給は消費が供給を上回る消費地区である。

▼こうした需給構造もあってか、東北地区からの輸出は少ない。今年1-8月の輸出(八戸、塩竃、小名浜、秋田船川、酒田、新潟、直江津の七港から)は5万2,541トン。輸出品目でみると、段ボールが半分を占め、残りが雑誌、その他である。新聞は新潟港から980トン出ているだけだから、東北地区で回収された新聞はほとんど国内消費に回っている。

▼1-8月累計の古紙輸出量は185万トン。東北地区は全国比3%にすぎない。一方、回収量は2,044万トン(昨年)、東北は142万トンで同7%を占める。ただ東北地区の古紙消費が将来、増える見通しに乏しい。逆に回収が増え、輸出は徐々に活発になるだろう。ちなみに関東地区の古紙回収量は全国比40%を占めるが、輸出は99万トン(1-8月累計)で同54%。関東は供給が消費を大幅に上回る供給圏であると同時に、最大の輸出圏でもあるわけだ。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top