トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム「虎視」 693号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2006年6月19日 693号

コラム「虎視」

▼04年のデータだが、イギリスの古紙回収量は658万トン、消費量は517万トン。回収量から消費量を差し引いた需給ギャップは141万トン。日本の場合、需給ギャップ分がそっくり輸出されているが、イギリスの同年の古紙輸出量をみると152万トン。日本と似た輸出環境にあることが分かる。

▼一方、イギリスは紙・板紙の輸入大国という顔を持つ。生産量624万トン、消費量1,268万トン。生産量の二倍の紙・板紙を消費しており、不足分を輸入に大きく依存している。生産と消費がバランスしている日本とはこの点がまるで違うわけだ。

▼このため輸入した紙・板紙が古紙として国内で大量に発生する。これが余り回収されず、回収率が52%(04年)と低かった。ところが昨年あたりから回収率が伸びている様子。昨年の中国の古紙輸入量をみるとイギリスがオランダやドイツを上回り、欧州トップの154万トンだった。

▼今年も欧州トップを走り、国別では米国、日本に次ぐ3位。1-4月累計の中国のイギリスからの古紙輸入量は66万トンに達した。この勢いだと今年は年間で200万トンを超えるのではないか。イギリスの古紙事情の調査のために一度現地を訪問したいと考えている。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top