トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム「虎視」 691号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2006年6月5日 691号

コラム「虎視」

▼07年末までに洋紙大手3社(大王、王子、日本)による4基のDIP(脱墨古紙パルプ)新増設の日産能力は1,400トン。3社グループの現行の日産能力は1万1,745トンなので、12%の能力増となる。洋紙メーカーの古紙利用といえばかっては新聞用紙への古紙配合増だったが、その後、コピー用紙などの再生紙化が進み、今回のDIP用途は微塗工紙を含めた軽量コート紙、つまり塗工紙への古紙配合増である。

▼昨秋、塗工紙を生産する王子製紙の春日井工場を見学させてもらった。塗工紙への古紙配合は5%の低いものから100%まであり、様々な銘柄を品揃えしていた。塗工紙全体でみると、平均して20%の古紙を配合しているとのことだった。人気ナンバーワンのブランドはグリーン100シリーズ。これは文字通り古紙100%の製品である。

▼塗工紙生産で大手3社に続くのが北越製紙・新潟と三菱製紙・八戸だが、昨年の古紙使用量は前者が2万1,000トン、後者が6万7,000トン。これを塗工紙を含めた印刷用紙の生産量で単純に割ると、前者の古紙配合率は2%、後者は8%。塗工紙を含めた印刷用紙への古紙配合がもっとも遅れているのが北越製紙・新潟といえよう。将来、新潟での古紙配合増が進むのかどうか。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top