トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1079号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2014年4月21日 1079号

コラム「虎視」

▼再生トイレット原紙の専抄メーカーである丸茂製紙は新鮮だった。家庭紙は製紙メーカーが加工まで手掛ける一貫生産が当然だからだ。薄利多売な家庭紙分野で生産を拡大し、利益をきっちり出す。それを投資や分配に回す経営にも驚かされた。家庭紙メーカー数が半減したとはいえ、百数社がひしめく市場で、同社の差別化戦略が光っていた。

▼製紙業界は各品種の水平的なシェア争いだけでなく、川上から川下に向けた垂直的統合も進展した。これを最も体現したのが板紙分野だろう。レンゴーとセッツの合併に始まり、王子グループが森紙業を傘下に入れるなど、段原紙生産と加工の融合が進んだ。段原紙のシェアは①王子グループ25%、②レンゴー21%、③大王グループ15%、④日本製紙14%(2012年)。一方の段ボールは①レンゴー28%、②王子グループ23%、③トーカン7%、④大王グループ5%(2011年)。

▼二強が縦に横に勢力を拡げて、凌ぎを削る構図だ。板紙は完全に構造不況を脱したといえる。寡占化は収益性を高めたし、一貫化は古紙価格の高騰にも弾力的に対応してきた。しかし、段ボールの激しい販売競争からカルテル疑惑が浮上。再編の功罪なのか、公取委の調査結果が注目される。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top