トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム「虎視」 764号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2007年11月26日 764号

コラム「虎視」

▼本紙の推定によると北陸3県(福井、石川、富山)の古紙回収量は年間約44万トン。一方、輸出港は伏木(富山)と金沢(石川)で今1-9月累計で1万2,000トン。内訳は段ボール2,300トン、上物4,500トン、雑誌4,600トンなど。月平均1,300トンとみて年間輸出は1万6,000トン程度。回収量に占める輸出比率は4%足らずで、全国平均の輸出比率17%を大きく下回っている。輸出が少なく国内製紙を中心に販売しているのが北陸地区の古紙問屋の実態であろう。

▼古紙ヤード密度は本紙の調査によると全国平均が人口10万人当たりで1.23ヵ所だったが、北陸は福井1.70、石川1.61、富山1.97と3県とも高い。なかでも富山は鳥取の2.30に次いで全国で2番目にヤード密度が高い。ということは仕入れ競争が激しいわけだが、仕入れ競争が激しい地域は輸出指向も強いわけでもないことを北陸は示している。富山県で42万人の人口を抱える富山市のヤードは6ヵ所。17万人の高岡市には7ヵ所あり、高岡市は全国でも有数の激戦地とか。ちなみに人口850万人の東京23区には約100ヵ所の古紙ヤードがあるが、8万5,000人に1ヵ所。高岡市は2万4,000人に1ヵ所というわけだ。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top