トップページ > 古紙ジャーナル コラム「虎視」 >

古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム「虎視」 911号

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

2010年11月22日 911号

コラム「虎視」

▼中国や台湾、韓国の街中を歩くと、必ず古紙を満載にしたリヤカーに出くわす。しかし今回、インドネシアの街中でそういう光景を見ることがなかった。唯一リヤカーを見たのは、製紙工場の近くの道路だけだった。

▼ジャカルタで現地のディーラーと会談した。彼が語っていたことは、①仲間を含めた6~7社で月間20万トンの古紙を取引をしている、②毎月製紙メーカーが入札を行い、高値のところに納めている、③古紙価格はリーマンショック前の半分以下になった、④それぞれの取り分は、回収人がキロあたり800ルピア(7.4円)、タテバが200ルピア(1.9円)、ヤードが200ルピア(1.9円)、ディーラーが50ルピア(0.5円)という流れである、⑤ヤード運営は中国系インドネシア人が行っているー等。

▼興味深い話が多かったが、胡散臭い点も多い。まず①の取引量。インドネシアの古紙回収量が年間300万トンなので、彼の言う月間20万トン(年間240万トン)だとシェアは8割になり、数字的に無理がある。②の話はとても興味深かったが詳細は分からず。というのも翌日、古紙ヤード見学の約束をしていたが、彼は現れなかったのだ。結局、インドネシアの古紙回収の全容は掴めなかった。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top