トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー >

古紙ジャーナル バックナンバー

【景興紙業グループ】
4年間で段原紙35万トンの能力増
中芯原紙専抄の景興日紙(05年4月から営業運転)
使用古紙(段ボール月1万トン)の6割を日本から輸入

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

2005年11月7日 663号

景興日紙の本社事務所

浙江省平湖市にある浙江景興日紙有限公司の新工場を見学させてもらった。同社は資本金19億円で、日本製紙、日本紙パルプ商事、浙江景興紙業集団造紙の3社による合弁会社。日本側が55%の株式を保有している。会社設立は2003年夏で、新マシンが営業運転に入ったのは今年の4月から。

新マシンは日本大昭和板紙・亀有工場の閉鎖にともない、同工場のマシンを移設・大改造したもので、年産15万トンの中芯原紙を生産している。現在、月1万トンの段ボール古紙を使用しているが、輸入8割(うち日本品が6割)、国内2割の構成。古紙価格は日本の二倍しており、製品価格は日本と同水準。中国製紙産業の原料コストが高いことを実感する視察となった。

2001年秋に初めて訪問

本紙が浙江景興紙業(以下景興紙業)の本社を訪問したのがいまから4年前の01年秋のこと。本社工場から2キロ離れた新工場に、年産20万トンの外装ライナーマシン工場を建設中だった。すでにマシン建屋が完成し、新マシンの稼働予定は翌年四月と語っていた。別表のようにライナー生産の新工場は浙江景興集団造紙が運営している。

昨年の生産量は20位

当時本社(旧工場)はマシン8台で外装ライナー、中芯原紙、紙管原紙など年間12万トンを生産。新工場の完成で,年産能力は32万トンに拡大。さらに今回訪問した景興日紙の稼働で、景興紙業グループとしては外装ライナーと中芯原紙の生産バランスがとれ、グループ全体の生産能力も年産47万トンに飛躍したことになる。

もっとも旧工場のマシンの一部はスクラップされているかもしれない。中国造紙協会調べによる同社の昨年の生産量は26万8千トンで、紙・板紙生産量上位30社のうち20位だった。景興紙業グループとしては将来、年産100万トンメーカーを目指している。

古紙価格、01年秋が底

また旧工場の使用古紙(段ボール)は月8千トンで、国内65%、輸入35%だった。外装ライナーの新工場ができてからは国内と輸入の比率は逆転したのでないか。そして今回の景興日紙の新工場では輸入古紙が8割を占めていた。

01年秋当時の段ボール古紙価格は安く、国内品でトン700元(為替は1元およそ15円、現在は14.4円)。日本円にしてトン1万500円、キロ10円50銭だった。また米国品は85ドル。前年の夏頃は国内が1100元から1200元、米国品が160ドル。いずれも倍近い高値だったという。

この01年秋を底に中国の古紙価格は着実に上昇しており、ここ数年の段ボール古紙価格はトン1200元を行ったり来たり。日本円でキロ18円前後である。ほぼ日本の古紙価格の倍といえよう。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top