トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー >

古紙ジャーナル バックナンバー

【DIP設備】
王子製紙・苫小牧、6系列目(日産350トン)導入か
日本製紙・八代も来年増強に踏み切る予定

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

2005年12月12日 668号

2003年春から途絶えていた洋紙メーカーのDIP(脱墨古紙パルプ)設備の増強が06年から07年にかけて活発化する兆しにあったが、加速しそうな雰囲気がでてきた。ひとつはドル高円安の進行(過去半年で1ドル15円前後の円安)である。

日本の製紙産業はパルプ材(チップ)の7割を輸入に依存しており、輸入国はかっての米国中心から豪州、南アフリカ、南米などに分散化しているものの、円安の進行は収益圧迫要因のひとつ。

重油高騰による燃料高とともに、こうしたコストアップを新聞用紙や印刷・情報用紙などの製品価格に転嫁することは極めて困難。一方、古紙は国内で発生し、為替の影響を受けない。チップに比べて相対的に低位で安定している古紙への転換が今後、進みそうだ。

すでに決定し、発表されているのが大王製紙三島工場での日産800トンのDIP設備の増設。内訳は雑誌のDIP設備が450トン、新聞のDIP設備が350トン。これは塗工紙マシン(月産2万4,000トン)の新増設にともなうもので、07年度中に完成・稼働が予定されている。07年度中としているが、工事は順調に進捗しているもよう。

苫小牧、凍結解除へ

既報のように王子製紙は春日井工場と富岡工場でDIP設備の増強を検討中。増強の内容については発表されていないが、富岡が先行するか。富岡は日産200トン規模である。また苫小牧工場で凍結されていた日産350トンのDIP設備計画も進展する可能性がでてきた。春日井も具体化すれば全体の能力は日産800トン以上になりそう。

日本製紙は今年5月、岩沼工場で日産150トンのHDIP設備が稼働した。塗工紙にHDIPを配合するのが狙い。それまで同工場の古紙パルプはすべて新聞用紙へ配合されていた。また新聞用紙を生産する八代工場でのDIP設備増強が決定したもよう。内容については王子製紙同様にまだ公表されていない。

3社で1,800トンか

本紙が今年9月時点で調査した大手3社のDIP設備能力をみてみよう。大王製紙グループは日産2,500トン。工事中の同800トンが完成すると、3,300トンになる。王子製紙グループは4,255トン。凍結されている苫小牧工場の計画が進展し、前述したように春日井、富岡工場で増強されると、日産800トン以上の能力増となろう。つまり3工場でDIP増強が実現すれば日産能力は5,000トンを超える。

現在、DIP設備能力がもっとも大きいのが日本製紙グループ。4,990トンとほぼ5,000トン。八代工場の増強規模が不明だが、仮に250前後とすれば優に5,000トンを超えることになろう。

設備増強、価格は低位に

これらのDIP設備に使用される主要な古紙は新聞と雑誌。99年から02年にかけてDIP設備ラッシュが続いたが、ラッシュにかかわらずこの間の古紙価格は低位に安定していた。新聞価格は11円~9円。雑誌も7円~4.5円と最底値で推移。いずれも関東地区の工場着値。こうした古紙価格の低位安定がDIP設備ラッシュをもたらしたともいえる。

洋紙大手3社のDIP設備能力

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top