トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー >

古紙ジャーナル バックナンバー

【14大都市のごみ排出量】
名古屋に続いて横浜も300キロ(人口1人当たり)前半に減少
平均値は459キロ、上回るのは大阪など6市

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

2006年1月16日 672号

5年毎に行われている国勢調査が昨年、実施されたが、この新しい人口動態に基づいて14大都市(特別区である東京23区を含む)の1人当たりの年間のごみ量(排出量、平成14年度実績による)を調べてみた。ごみ量は大都市間でも大変なバラツキがあり、名古屋市と大阪市では実に300キロもの違いがあった。

既報のように名古屋市に続いてごみの減量化に成功したのが横浜市。横浜市は5年前倒しでG30が実現する見通しで、平成17年度のごみ量は115万トン、1人当たりでは320キロ程度となろう。名古屋市と横浜市にみるように、大都市がごみの減量化と本格的に取り組めば、1人当たりのごみ量が330キロ前後までスリム化することも判明した。次に続く大都市はどこか。

横浜市の「G30プラン」とは平成22年度における全市のごみ排出量を13年度に対し30%削減するという計画。これが17年度にも実現する見通しにあり、5年も前倒しで達成される。

平均値上回ったのは6大都市

今回の調査によると、14大都市の1人当たりのごみ量の平均値は459キロだった。平均値を上回るごみ量を排出しているのが大阪市、札幌市、神戸市、京都市、福岡市、北九州市の6大都市である。東日本では札幌市のみ。残り5市が西日本に立地。

6大都市のなかでも大阪市、神戸市、福岡市が突出している。ダントツは大阪市で633キロだった。名古屋市に比べて300キロも多い。大阪市はピークの平成7年度からみると、平成15年度はごみ量が25%前後も減っている。大幅な減少なので、大阪市のごみ減量化が一見、進展しているかのような錯覚を与える。しかしこれはバブル崩壊などの経済的な要因が主因だろう。他市と比較することで、大阪市の異常さ(ごみ量の多さ)に驚かされる。

突出する大阪市、処方箋はすでにある

なかでも異様なのは事業系ごみの多さだ。東京都と余り変わらない。この原因はごみ処理料金が異常に安いために、①事業所側に減量化の動機が働かない②周辺自治体からの流入があるためとみられている。このため事業系ごみの四割を占める紙ごみがほとんど焼却されているわけだ。

家庭系においても、いまだに燃えるごみと燃えないごみの区別をしていない珍しい自治体のひとつでもある。また集団回収が壊れ、分別収集もしていないので、多くの古紙が紙ごみとして焼却されている。

大阪市はピーク時に比べてごみ量が25%も減ったことに安住し、市が抱える異様な現実を直視しようとしなかった。処方箋はすでにある。事業系ごみの四割は紙ごみ。減らすには①清掃工場への紙ごみの搬入を禁止し②処理料金を大幅に見直しして③周辺自治体からの流入を厳重にチェックすることだ。こうした減量化に本気で取り組めば、水膨れしているだけに、ごみ量は一気に半減できるかもしれない。

なぜ西日本に偏る?

1人当たりのごみ量が多い大都市がなぜ西日本に偏っているのだろうか。原因としては①清掃工場の焼却能力や埋め立て地に余裕がある②事業系ごみ処理料金が安いため事業所側にごみを減らそうという動機が働きにくい③家庭系ごみから古紙やプラスチック製容器包装などの分別収集の普及が遅れているーなどが挙げられる。

北九州市に続いて福岡市が昨年、家庭ごみの有料化に踏みきった。ところが古紙などの分別収集がセットになっていない。ごみの有料化と分別収集はセットになると減量化効果が倍加する。有料化だけでは減量化効果に限界がある。西日本の大都市をみていると、本格的にごみを減らすことにどこかで躊躇があるように思われてならない。

14大都市の1人当たりのごみ量

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top