トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー >

古紙ジャーナル バックナンバー

【こづか】
回収業と問屋を両輪に集団回収でシェアを伸ばす
古紙は6割(2,000トン/月)を、古布(800~900トン/月)は全量を輸出

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

2008年2月25日 776号

こづか㈱の横浜南事業所は2階建て。横浜市磯子区の湾岸沿いにある

こづか株式会社(横浜市都筑区東方町895、小塚敏文代表取締役)の横浜南事業所を見学した。こづか株式会社は横浜と静岡にそれぞれ2ヵ所の計4ヵ所の拠点をもち、こづかグループとしては収集・運搬を担う有限会社大興資源(横浜市磯子区新磯子町10-1、猪又富美男取締役副社長)を運営する。

東京・神奈川エリアで約600の団体から集める集団回収を中心に、横浜の2拠点で約3,500トンを取り扱う。また古布の取り扱いも積極的で最大で月に800から900トンを集める。古紙・古布ともに輸出に旺盛で、回収業と問屋業をもつグループ企業の機動性を活かした事業展開を進めている。

4ヶ所で最大、横浜南事業所は2階建て

横浜市磯子区にある横浜南事業所は、平成16年6月に開設した。横浜では本社に続く2番目、こづか株式会社としては4番目の最も新しいヤードで、最大規模でもある。静岡には富士と清水の2拠点があり、その一つである清水事業所は今春に移転予定だが、移転先での建築確認申請が改正建築基準法の影響で遅れており、本格稼動は秋口にずれ込む見通し。移転後は立地を活かして代納にも力を入れる。横浜市内でも新たなヤードを画策するが、候補地として挙がるのは既にヤードの過密地域で、土地価格に見合う適地が少ないそうだ。

横浜南事業所は、500坪の敷地に2階建ての倉庫が建つ。横浜を中心に神奈川・東京エリアから古紙以外に古布も積極的に集めており、輸出の拠点になっている。横浜市での集団回収を中心にオフィスからの機密書類やシュレッダー古紙、上物等も扱う。横浜の二ヵ所で扱い量は月あたり約3,500トンに上る。

1階のフロアに渡辺鉄工製の200馬力ベーラーが据えられ、主に家庭系の新聞・雑誌・段ボール・雑がみを選別・圧縮している。建物外の南側にあるスロープから2階に上がると、手前に機密書類用のコンテナや上物系古紙を選別する選別台が置かれる。段ボール詰めされた機密書類は丸ごとコンテナに入れて施錠し、製紙工場に持ち込む。選別台ではケントや込頁など品目別に分けられる。

ここで選別したものは、1階のベーラーにつながる開口部から1階に送りこまれ圧縮される。2階フロアの奥には、大量の古布が積まれていた。古紙問屋としてこれほど大量の古布を集める光景は珍しい。古布は月に最大で800から900トンを集め、専用のプレスで圧縮している。また発泡スチロールの溶解・圧縮機も設けられ、月に3~4トン程度を扱う。

横浜市で集団回収トップ、底値時にシェア拡大

収集・運搬を担っているのが、こづかグループの関連会社である有限会社大興資源だ。約百台の車両を保有し、横浜市だけで70台程が回収に奔走する。グループ企業として回収業と問屋業を運営するため、他社で取引をする回収業者はわずか10社程度だという。何より集団回収の契約団体は群を抜いており、神奈川・東京エリアで約600団体、横浜市だけで502団体から回収を行う。横浜市で3,775団体が実施しているので、その13%にあたる。横浜市で約150いる回収業者の数からも、その圧倒的なシェアが分かる。

とはいえ過去に古紙価格が低迷し雑誌などの逆有償が生じた時期には、回収コストが重荷となって厳しい状況が続いたことは想像に難くない。その苦しい時期に、①横浜市の全ての団体に営業を仕掛けたことや、②どれほど小さな現場の依頼でも引き受け、③雑誌や古布などの価格の付かないものを全て回収したことで、着実にシェアを伸ばしてきた。横浜市がごみの減量化に取り組み、集団回収を推奨してきたことも後押しした。その後、輸出が伸び国内価格も回復してきたことで、周知のとおり状況は好転する。

今ではヤードの仕入れ競争が激化し、一部では仕入れ価格も上昇。こうした争奪戦にさらされず、回収業と問屋業を両輪に集団回収で安定した回収量を確保できることが強みとなった。さらに輸出に対して柔軟な姿勢で、多いときは回収量の8割を輸出していたという。現在は月に約2,000トンで回収量の6割程度を占める。自社回収の機動性を活かして、ほとんど価格の付かなかった古布も大量に仕入れて、輸出向けの新たな販路を切り開いた。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top