トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー >

古紙ジャーナル バックナンバー

【マテックプラザ】
7年前からリサイクルポイント制度を導入
ポイントが貯まると100種類の商品から選択

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

2008年7月7日 794号

マテックプラザの事務所棟と2台のスケール

北海道で自動車リサイクルを中心に総合リサイクルを営む、㈱マテック(本社・北海道帯広市西21条北1丁目3番20号、杉山博康代表取締役)の古紙専用ヤードである、マテックプラザ(札幌市白石区本通20丁目北1ー10)を見学させてもらった。平成13年に開設したマテックプラザでは、開設当初から「リサイクルポイント制度」を導入している。

この制度は、古紙・鉄・缶・自動車などのリサイクルできる資源物を持ち込むと、ポイントを貯めて商品に交換できる。2年前からマテックグループ全店に導入し、商品数を大幅に増やしてPRを行っている。このリサイクルポイント制度を活用した社会福祉への取り組みも行われている。

マテックの前身の杉山与八商店は、昭和10年に創業、昭和35年に設立した。鉄・非鉄金属・ビン・古紙となんでも扱う雑品屋が、総合リサイクル企業として生まれ変わったのが平成4年。社名も㈱マテックに改称した。

その後は自動車リサイクル事業をメインに業務拡大を行い、帯広本社の他に7支店・4工場・5事業所、最終処分場や船積みバースまで保有している。今5月、豊田通商と合弁(豊通80%、マテック20%)で、苫小牧市にグリーンメタルズ北海道を設立した。

マテックプラザは3,000坪の敷地、廃自動車の保管も

マテックプラザは、マテックグループの古紙専用ヤードとして平成13年に開設し、同年にISO14001を認証取得した。札幌市白石区の国道12号線沿いに位置し、敷地面積は約3,000坪、建屋は約800坪ある。

設備は東京自働機械製の150馬力ベーラーと拓己技研製の選別ラインと紐取り機を設置、30トンスケールと60トンスケールの計2台のスケールがある。他に発泡スチロールの減容機などもある。敷地が3,000坪とかなり広く、周辺に中古車屋が多いことから、石狩のELV(使用済自動車)解体工場に運ぶ廃自動車の一時保管場所としても使用している。

同じ白石区にマテックの札幌支店があるが、こちらは鉄専門のヤード。しかし、少量だが近隣からの古紙の受入を行うとともに、段ボール専用の中古ベーラーも設置している。他に古紙を扱っているマテックの営業所は、帯広本店、釧路支店、千歳支店、砂川支店。

石狩支店は平成7年に開設した鉄専門ヤード。平成10年にISO14001を取得した。石狩支店と隣接して、ELV工場が3工場、ASR(自動車シュレッダーダスト)資源化工場、タイヤ資源化工場がある。リサイクルポートに指定されている石狩港から鉄スクラップを輸出している。

リサイクルポイント制度を導入

マテックプラザの最大の売りは、古紙や古紙以外の物(鉄・非鉄・自動車など)を持ってくると重量によってポイントが貯まり、ポイント数によって商品に交換できる、リサイクルポイントシステムを導入している。マテックプラザの開設と同時にこのサービスを始めでおり、マテックプラザの「プラザ」には、市民が集う場所という意味が込められている。

2年前からマテックの全支店と全工場でもリサイクルポイント制度を開始し、交換できる商品数を大幅に増やし、WEBの会員専用ページで商品の検索や発注ができるようになった。以前はマテックプラザ限定のサービスで、商品数は限られていたが、現在はかなり商品数が充実している。

商品を大きく分けると6分類で、①ゴミ袋やティッシュやトイレットペーパーなどの生活用品、②ボールペンやノート、ハサミやホルダーなどの文具・事務用品、③車椅子や介護テーブル、カップやタオルやステッキなどの介護用品、④デジカメやipod、空気清浄機や洗濯機、プリンターやシュレッダーなどの電化製品、⑤野球用のボールやサッカーボールなどのスポーツ用品、⑥缶コーヒーや緑茶などの飲料-の6分類で、100種類以上の商品数がある。カタログに載っていなくても、介護ベッドが欲しい、校庭に鉄棒を贈呈したい等の個別の相談にも応じている。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top